2019年03月22日

殺生だっせ・・・

昨日の春分の日だがあいにくの曇天、一時雨も降った。
天気予報は雨だったが明け方に降った影響か道路は濡れていて折角の洗車した車が台無しになった。連れの治療で診療所に着いた時は小雨、治療が終わって帰る時は曇り、昼飯の時は一時雨だったようだ。昼飯に行きつけのお店で看板に「大きなエビフライ定食750円」の文字が目に留まった。何、大きなエビフライ、750円、それは食さねば。駐車場は満車、しかし入庫する時に帰り客だろう一組の家族が店から出てきた。それと入れ替わりにすんなり入庫することが出来た。その後、店の階段を上り始めて直ぐに3台ほどの待ちが出来ていた。ラッキー!ほんの数分、いや信号一つ違っていたらあの中に私たちの車が並ぶことになっていたのだ。ほんまラッキー。今日は良い事があるぞ!それに好物のエビフライ、」それも大きなエビフライだ。750円も魅力的は数字。超ラッキー。
店に入って係の人が案内に来てくれた。「エビフライありますか?」と聞いた。「ハイ大丈夫です。少々お待ちいただけますか?」と聞いてきた。何でも団体さんが入っていて少々お待ちいただくかもしれませんとの話。そんなの結構、美味しいものを食べれるなら。連れは私の顔を見て驚いた様子。何せ絶対に待つのが嫌いな私を知っているから。「どうしたんや、待つ気か?」「当たり前や、美味しいものを食べるのに待つのは」「変わったなぁ」「煩いわ」こんな調子だ。待つこと10分、オーダーは入店時に言ってある。連れに単品ですか、定食ですかと聞いていて、ちゃんと定食と伝えたとか。そこの店はセットメニューに一品メインが付くシステム。魚、鶏、牛、豚、それぞれ違ったメニューが付いている。
出てきたエビフライは確かに大きな海老、それを真っ二つに切ってある。ソースもタルタルも別皿に。最後にデザートとコーヒーか紅茶が付いてある。小鉢に幾つかの惣菜モノや一品、実に手の込んだ料理。いつもは特別にメニューにないが鰻を注文するお店。店の人にも「今日は鰻じゃぁないんですか?」と言われる始末。
何せあの看板に惹かれて入ったと言った。満足、満足、コーヒーを飲み終わって伝票を私が取るか、連れが取るかで迷ったが前回は出してもらっていたのでここは私が。中を見ずに5000円札を伝票の上に載せて置いておいた。そして待っていると向こうも待っている。ん???直ぐに分った。お金が足らないと言うことを。連れはすでに車に。後幾らか不足分を支払って店を出た。そしてもう一度店の前の看板を見た。確かに大きなエビフライ750円と書いてある。普段はセットの料金は1500円だから大体二人で5000円あれば事足りる。しかし大きなエビフライの横に小さくセット料金2000円と書いてあった。と言うことは一人当たり2750円。そして二人分と消費税。合計5940円。???
騙しのようなあの看板、殺生だっせ。

ページの先頭へ

2019年03月20日

昨日の続きは・・・

昨日の話の続き、その朝早くから来た人は9階の真っ暗な廊下の先にある会社のドアの前で座って社員が来るのを待っていたらしい。
確かに外は寒かったのだろう、ロビーで待つのも一考したらしいがその人は会社のある階で待つことにしたとか。言ってくれれば診療所で待ってもらえたのにと朝一のそこの患者さんには言っておいた。これからもしも待つことがあればそうしてくださいと。
確かに一社にカードキーは何枚配られているかは知らないが全員には配られていないはず。さもなくば正社員か責任者の人が早く来る場合開錠してあげなければ外で寒空の下待たねばならないからだ。
当ビルに何軒の会社が入っているかは知らないがそんなに早く来る会社は無い。しかし何軒かは徹夜で仕事をしたり朝早くに現場に行く仕事で午前6時前に集合と言うところもある。一度夜中に忘れ物をして来たときには管理人室の窓からまだ仕事をしているか在室のランプが付いているのを見たことがある。24時間の駐車場もあるし管理人は居なくても防犯上何かあればセコムが直ぐに来てくれるから安心と言えば安心なんだが一度ポストを開けて鍵を取って部屋に入って数分後にセコムから電話があった。きっちりと閉まって居なかったポストがセコムに信号を送って直ぐに警備の人が来たからだ。別に侵入者ではないが閉め忘れた私が悪かったので平謝りで始末書を書いてサインをした記憶があった。安全には安全だがついうっかりがあるからセキュリティーには万全を期してもらいたい。
部屋に入るカギはポストの中だし自分の部屋の鍵は自分の登録したカードキーでしか開けられないのは分っているがそれこそ紛失したりしてビルに入れたらどうなるのだろう。もしも自分が泥棒さんならどうしたら中に入れてどうしたら部屋に入れるか考えたけれども最新式のセキュリティーを破るのは困難だと言う結論に達した。
そりゃ高い家賃を払っているのだからそのくらいはしてもらわなければ。そんなこんなな話が昨日の一番最初の患者さんとの会話だった。

ページの先頭へ

2019年03月19日

何気ない朝だが気になって仕方がなかった

今朝は雨、先日のような猛烈な雨ではなくしとしと降る雨だ。
傘がいるかいらないかの考えさせられる雨だ。車から診療所のビルまでは約50メートル、傘が無ければ歩けないと言うほどではないが傘を診療所に持って行けば帰りに雨が降っていなければ間違いなく忘れて帰るのは必至、そんな雨の朝だった。それで結局は傘を持って車から出たがささずに来てしまった。中途半端なことをしてしまった後悔が残る雨の朝だった。
日々こんな事で、しょうもない事で日常は成り立っている。今朝はまたこんな事があった。通用口のドアの前にもう人が立っていて今にもカードキーで開錠するような感じだったのでその人の後ろに立っていた。しかし一向に入る様子もない仕方がないので私のカードキーで開錠してドアを開けて中に入った。するとその人も一緒に中に入った。カードキーを持っていなかったのか出すのが面倒で誰か入る時に一緒に入っるのを待っていたのか、しかし中に入っても今度は部屋に入るためにもう一度カードキーをポストの横の差込口にカードを入れないとその部屋のポストが開かない仕組みになっている。私は診療所のポストから部屋のキーを取り出してエレベーターに乗ったらその人も一緒に乗って来た。「何階ですか?」と聞いたら「9階お願いします」だと。9階だと言うことはそこには3社しか入って居ないフロアだ。3社ともウチの患者さんの会社、そのどちらかだろうが私が2階で降りたらそのまま9階に上がって行った。エレベーターを降りてその階を確認していたが一向にエレベーターが降りてくる様子が無い。当ビルはポストから部屋の鍵を取らないとその階の廊下の電気が点かない仕組みになっている。トイレもそうだしエレベーターホールも節電の為か明かりが点かない。と言うことはそのまま会社の部屋の前で待っていることになる。自分も2階でエレベーターを降りたが気になって仕方がない。わざわざ9階に上がって確認するのもおかしいが、時間にして2~3分かそれ以上かは分らなかったがいったい暗闇の9階ホールの前であの人はどうしているんだろうと気になって仕方がなかった。管理人室の部屋には各部屋の入居状況が分るような電源盤のライトが付いている、私がカギをポストから抜いたから2階の私の部屋のライトが付いていた。しかし9階は未だにライトが付いていない、と言うことはまだ誰も9階には来て居ないことになる。
朝からこんな事で無駄なエネルギーを使おうとは思わない。しかしやっぱり気になる。診療所に入って受付で電気をつけて今日のアポを見たらそこの会社の人が朝一に入っているではないか。絶対に聞いてみよう、そう思って準備を始めた朝だった。

ページの先頭へ

2019年03月18日

難しい問題が山積みの歯科業界だ

いよいよお彼岸に入り墓参りの人も多くなるだろう。
春と秋の彼岸かお盆と正月くらいしか墓参りに行かない無精者の私も最近は月参りをしたり段々と親父やお袋がしていたことを真似る様になってきた。そう言う歳になったと言うことだ。
最近の週刊誌の特集は見れば見るほど終活だのの言葉が躍っている。そりゃ財産が多くある家の方は相続税の関係で少しでも何とかならないのか頭が痛い事だが、私など一向に関係が無い人間にとってはどうでもよい話に思えてならない。財産が多少あるから皆さん悩むのであって無ければ無いで何とかなると思わないとやって行けない。遺言も書いたしその後始末もちゃんと書いたので心配ないと言ったら嘘になるが残されて困らないようにしておくのは当たり前のことのようだ。
連れにこんな奴が居る。それは会社経営の奴だがそいつで3代目、しかし男の子がいなくて女の子の姉妹だったから最初はどちらかが養子でも迎えてくれればと思っていたがそれもかなわず一向に結婚する気配が無い。そうかと言って代々続いている会社をどうするか50代の頃から悩んでいた。結局は社長を交代するにあたり優秀な社員の中から社長を選ぶことにした。大企業では当たり前の事だろうが中小企業では社長とは名ばかりで一番忙しく走り回っているのが社長だ。そんな姿を見ていると他の社員はどうだろう社長なんかになりたいと思う人が何人いるか疑わしくなって来る。
まだ決定はしていないがそこの会社も今年、来年中にはどうやら新社長の決定がされるだろう。
我々は法人ではないから個人経営の歯科医院なんかでは院長が辞めると言ったら即廃院。院長が病気か何かで出来なくなっても名義だけは残して代診に医院の経営を任せるところもあるとか。
前にも書いたが開業する時よりも廃業する時の方が確かにエネルギーは居るみたいだ。何だか結婚より離婚の方がエネルギーがいるとよく言われていることと似ている。
いずれは跡継ぎがいなければ廃院の道を突き進んでいるが、我々の仲間にはその跡継ぎが後を継いでくれていないのが何人か居る。
そんなに親の辛い姿を見てきている跡継ぎは中々すんなりとはいかない。親父の代では少々おいしい思いもさせて貰ったが自分の代でおいしい思いをしたことのない世代で後を任せると言っても子供も大変だろう。その点私はそこの問題も何とか解決できそうで安心はしているのだが。

ページの先頭へ

2019年03月15日

時代の変化かそれとも・・・

最近は趣味の熱帯魚の話が多くなってきました。ご容赦下され。
何事にも深く、狭くがモットーの私は中途半端が大嫌いな性格で
しかも人にあれこれ言われるのも大嫌い、だから自分がこうと決めたら何があっても、例えカラスは白いと言われれば黒いカラスまで白くしてしまうくらいの変人だと言うことは自覚しています。
一生懸命という言葉も何故か???が付くようで、好きなことに拘りを持つと言うことは当たり前だしそれを人がどう言おうと人は人、自分は自分なんだと思う勝手な性格。良い時もあれば悪い時もある。
ある総会での話、いつも殆どシャンシャン総会が行われるのに疑問を持ってしまうとつい資料などをくまなく読んでおかしなところを指摘してしまう。納得がいかないことにはとことん追求してしまう実に厄介な性格。だから本来なら出席するはずの総会を先輩のひと言で欠席してしまったりする。総会よりも先輩の意見を優先してしまったために。
先日、高校の出身者の歯科医の集まりがあると言う案内が来た。
私が大学に入った時に最初に作った会も段々と会員が増えて来ると参加者も来る人が限られて来ない人は来ない、来る人は来る。と二極化が進んでいつの間にか懇親会のようになってしまった。
本来はそれでもいいのだが、本来の目的は同じ高校の出身者の親睦および親交の意味もあった。大学病院に残った時も幹事を任されて名簿も作ったが時代の流れか我々の時代は先輩後輩がハッキリとしていて今の若い子たちにはなかなか受け入れられなかったのかいつの間にか中断してしまっていた。
最近の子たちは集団よりも個を優先する傾向があると言われている。我々の時代誰かとつるんで遊んだ記憶があるが最近の子たちはパソコンが、スマホが遊び相手だそうで個人個人が自分で過ごす時間を大事にするせいか集団と言う概念が余りないらしい。
確かに開業すれば誰を頼りにすると言うよりは自分で何でも決めて解決していかなければならない。同窓会も支部も所詮は助けてくれないと決め込んでいるとか。自分の身は自分で守るそう言った雰囲気があるらしい。今の会社も社会もそうだと信じている。
しかし我々の世代はそうでは無い。自分あっての自分より人あっての自分と言う考え方が多いと思う。それが良いか悪いかはこれから先に分る様な気がしてならない。

ページの先頭へ