2019年11月13日

明日の朝が楽しみになって来た

ほぼ毎日家を出る時間は5分と変わらない。
そんな時間に煩くはないが目覚まし時計の枕元のベルがなって1分後にテレビ台の携帯が鳴る。そしてその1分間の間に近所を通るJRの電車が発車して間もなく反対車線の電車が通過する。目まぐるしく朝の忙しい時間である。顔を洗って着替えを行って時計を見ると部屋から出てきて5分で出かける支度は出来ている。時間は5時40分。
毎日ほぼこれくらいの時間にシャッターを開けて車が出ようとするときにシャッター前で待つ人がいる。どこの誰かは知らないが毎日同じ人だ。会釈をして車を出させてもらってその後ガレージの前を通って近所の公園に散歩でもされるのだろう。
しかしその方もきっと同じ時間を過ごされていることになる。毎日出会う。
話したことは無いが如何にも待っているかのようにシャッターが開いたらその方が居る。夏場は明るいが最近はこの時間はまだ薄暗い。車のライトは点いたままだ。
週の内6日は同じ時間に家を出るが最低3日、多い時で毎日だ。こうなると不思議でならない。昨日も会った一昨日も会った。夢を見ているようで一日が経ったことすら夢のようである。
それだけ同じ調子で毎日を過ごしていると言うことだろう。何もないのが平平凡凡それが一番素晴らしいと聞いたことがある。いや変化があってこそ面白いものだとも言う人が居る。何気の無い日常に置いては変化も大事だが平和な状態が続くことこそが素晴らしいと言う人も居る。
帰りはそうはいかない。出る時間も帰り道も違うから同じ車や人に会うことも無い。それはそれで楽しいとか不思議とかの感覚は無いが出かけるその時々が同じような変化のない事がやはり不思議でならない。
何か取り留めのない内容だったがこんな不思議な経験をし乍ら毎日を過ごすことに若干興味が湧いてきた。会釈はするが言葉がけはしていない。今度一度『おはようございます』のひと言をかけて見ようと思った。どんな反応をしてくれるか楽しみになって来た。何処の何方かは知りませんが明日に朝、お会いしたらご挨拶をさせて頂きます。明日の朝が楽しみになって来た。

ページの先頭へ

2019年11月12日

ちょっと憂鬱・・・

昨日の記事の後、早速連れから電話があった。
「おいおいおい」
「何や、鬱陶しい奴やな」
「オマエまた釣りを始めるんか?」
「それがどうした」
「始めるなら始めるで言って来いや」
「何でオマエに言わなあかんねん」
「連れやないか」
「別にオマエに言う必要あるか」
「あるに決まってるやろ」
「何でやねん」
「何でって前に一緒に釣りに行った時の道具、オレの車のトランクに入ったままや」
「オマエの車の中やったんか、どこに行ったかと思ってたわ」
「今度行く時の為に入れて置いておいたったんやで」
「そらすまんな」
「あれが無かったら釣りできないやろ」
「出来るで、無くても」
「何でや」
「アレはエサ釣り用や」
「・・・」
「今年からルアー釣りにするんや」
「・・・」
「そやから新しいのを買うから今はいらんのや」
「オマエがルアーか?」
「そやでエサ釣りやったら臭いも付くし、いちいち餌を買いに行かなあかん」
「・・・」
「その点、ルアーやったら餌が要らん、気が向いたら即行ける」
「オマエ言うてたんとちゃうか、ルアーより餌の方が絶対に釣れるって」
「アホ、最近のルアーやワーム知ってるか、めちゃめちゃエエで」
「そしたらオレもルアーにしょうか」
「・・・」
「一緒に買いに行こか」
「オマエとは買い物に行きたくないわ」
「何でやねん」
「オマエ絶対に店で『兄ちゃん負けてや』って言うからや」
「そんなん当たり前や」
「そやから嫌やねん」
「ちょっとでも安く買えたらエエやないか」
「あんな、オマエも元一部上場の会社の役員やで、ちょっとは考えや」
「そんなん関係ないわ」
「そしたら考えたるわ」
こんな内容でした。折角の楽しみもちょっと憂鬱。

ページの先頭へ

2019年11月11日

そろそろタチウオの季節到来か・・・

昨夜、久しぶりに連れと釣り屋に行った。
そろそろタチウオが回ってきていると言う情報をもとに。
私が釣りに嵌った一番の原因はサビキでもなくいきなりのタチウオ釣りだった。
ビギナーズラックそのもので竿を出してものの5分くらいでいきなりの当たり、そして格闘の末釣り上げたのが全身銀色の細長いタチウオ。釣りってこんなに簡単なものだと言う錯覚を抱かせた。しかし段々と釣りをしていくとその幻想がまざまざと表れその時初めてビギナーズラックだと分った。同級生も一緒に始めたがこいつは今は船釣りをメインにやっている。そいつ曰く、船釣りは魚探で魚のいる上に船を置いて釣るからぼうずはまず無いとか。それでは面白くないので私はやらない。
魚との駆け引きが面白いのだ。今の時期のタチウオはまだ形が小さくてベルトサイズだがこれから冷え込みがきつくなると段々とサイズアップして来る。夕まず目にサビキで小魚を釣ってそれを生餌にタチウオ狙い、でも最近はルアーでの釣り人が多い。
でもやっぱり釣果はエサ釣りには敵わない。
私はそのほかの釣りはあまりやらないがこのタチウオと投げのカレイ釣り、夏場のキス釣りはやる。堤防からのテトラの穴釣りでメバルやガシラも楽しい釣りだ。
最近はテトロの上をピョンピョンと飛び歩くことは出来なくなったがじっくりと狙った穴に竿を垂れるのが大好きだ。そしてチヌの落し込みもなかなか楽しい。
そう思ったら釣りって年がら年中何かしらの獲物はいる。
最初、釣りに嵌った原因はゴルフなら朝出て行って夕方帰るが釣りは夜出て行って朝帰りが出来ると言う不純な考えが元にある。そして何より朝風呂に入って帰れるのが何よりだ。石鹸の匂いがしていても誰にも疑われる心配は無い。
そんなこんなで多くのゴルフ仲間がゴルフから釣りに趣味を変更していった。
でも時代が変われば驚くほど最近の釣り道具は進歩している。そして値段もぐっと安い。またぞろこれからの季節釣り三昧を楽しめるかは体力しだい。眠い目を擦り擦り坊主にも目もくれず毎週末には何処かの釣り場に出没している自分が居て怖い気がする。

ページの先頭へ

2019年11月08日

歯医者あるある・・・

今日は11月8日「いい歯の日」だ。ここで歯医者あるあるを。
よく患者さんかわ言われる質問です。
「先生は自分の歯が悪くなったら誰に治して貰うんですか?」とか。
「先生は仕事柄歯はよく磨くんですか?」などなど。
コレって患者さんの素朴な質問です。しかし歯科医と言ってもやっぱり歯が痛くなったりするもので、自分で治すと言うのはやはり無理があると思います。
私の親父はそれでも私に診て貰うのを最後まで抵抗があったみたいで、自分で治せるところまで自分で治していました。私には出来ません。今の私は代診の先生が来られるときに時間が空けば「先生、ちょっとお願いします」と言って治療をしてもらっています。それに毎日患者さんの治療に麻酔の注射をするのに意外と自分がされるのを怖がる歯医者が多いようです。当医院の患者さんでバリバリの外科医の先生は毎日、多くの患者さんに麻酔の注射をしてメスで切ったり縫ったりしていても、いざ自分の治療の時には麻酔の注射の前に必ず浸潤麻酔の軟膏を持参して「これをここにキープしといてくれ」ってマイ浸潤麻酔を置いておかれます。その先生の口癖は「中毒患者は凄い奴やで、自分で自分に針を刺すんやから」でした。
そんなこんなで意外と歯科医の先生は歯が悪い方が多いとか。綺麗に磨けて歯並びの良い患者さんを診たらちょっと嫉妬している先生もいるのでは。私がそうです。
昔、私が大学を出て暫くの頃、歯科検診で小学校、中学校、高校、といった時の事、まだまだ現在の様に予防歯科なんて行き届いていなかった時代はクラスの半数以上にC1やC2なんて子供が多く居ました。最近はそれがなかなか居ないとか。
歯医者の数も増えたこともあるでしょうが、予防歯科が徹底されて歯磨き指導や家庭での徹底したブラッシングで患者さんの数はどんどん減ってきて居ます。
良い事だと思います。我々には痛し痒しですが。
しかし最近の子はあまり硬いものを噛まなくなって骨格が我々の子供時代に比べて変わってきたとも言われています。そう言えば最近の子には顎の張った子は少なくなりました。そう思いませんか。一時期しょうゆ顔、ソース顔なんて言葉も出ていたこともありました。でも何よりこんな日が出来て啓蒙には良い事であるに違いありません。雨後の筍のごとく街、街の交差点には歯科医の看板か消費者金融の看板かとも揶揄される時代です。それでもまだまだあちらこちらに出来る事でしょう。

ページの先頭へ

2019年11月07日

作戦決行、その成果は・・・

最近は野良犬を見かけなくなった。子供の頃には保健所から野良犬の捕獲を目的とした車を時々見かけることがあった。輪っかの付いた網で捕獲するのだが子供心にも残酷に思えた記憶があった。最近はそんな野良犬も居なくなったのか知らない所で捕獲しているのかは知らないがあんなことを今でもやっていたらきっと問題視されるだろう。その代わり野良猫がやけに増えたように思う。昨年の統計でも猫の飼育数が犬の飼育数を上回ったと言っていた。犬は890万匹、猫は964万匹だそうだ。
実は一昨夜、昨夜と連荘で我が家の周りで野良猫の捕獲作戦が繰り広げられていた。
何でも○○猫の会とか言うNPO法人が事前に近所の家に一軒一軒チラシを配っていていついつの夜に近辺の野良猫を捕獲しますと言った内容だった。初日は1匹、昨夜は3匹の捕獲があったらしい。何でも駆除を目的として捕獲するのではなくこれ以上数を増やさないように去勢して元に戻す運動をしているらしい。中には譲渡会に出して里親を探す活動も同時にしているらしかった。確かに恋の季節になればアノ声が夜中に近所に響き渡り凄まじいものがあった。そして子猫が産まれても育児放棄する親もいるらしい。家猫は10年15年と生きるが野良猫は5年から10年だそうだ。
実際に連れもその会に参加しているが無償でか僅かで去勢手術をしてくれる動物病院もあるらしい。それでもその費用は会か個人持ちらしい。
毎日、車に乗っていても事故にあう動物は圧倒的に猫が多い。それでも年に数回は見かける。
私が今でも忘れられない思い出がある。それは未だ20代の頃田舎の方の行ったことのないゴルフ場に連れと行った時、今の様にナビなんて無い時代、看板もそんなに無かった。それに舗装していない田舎道でいきなり何かが飛び出してきた。そして避けきれずにその動物を撥ねてしまった。今までワイワイガヤガヤ話していたが連れの車で連れが運転していてそれ以降二人とも黙り込んでしまった。その日のゴルフはお互いさっぱりだったのを思い出した。何かの時にその話は出るが多分ウリ坊のようなものだったと思う。しかし年月が経てばいつの間にかその話に尾鰭が付いて猫だの犬だの鹿だのとどんどん話は盛り上がってしまう。何年経っても忘れようにも忘れられない思い出になってしまった。それ以来、お互いに何故かそのゴルフ場には足が向いていなかった。

ページの先頭へ