2019年07月19日

嫌な世の中になったものだ

昨日のアニメ会社の放火事件、ニュースよりも先に連れからのメールで知った。
連れの中に同い年でありながらアニメや声優に興味があってその世界では結構名の通った奴がいる。第一報は「何やら火事があったみたい、大丈夫だろうか」位だったが段々と様子が分るにつれて酷い火災だと言うことが分って来た。死者33名、相当な火事である。それも放火とは。あっという間に全世界的にこのニュースは広まり、各国のアニメファンから心配の様子が伝えられてきた。日本はアニメの分野では世界の最先端を突っ走っている国である。世界中にファンがいるし日本にとっては世界に誇れるソフト産業だ。その最先端の会社にこともあろうに放火と言う考えられないことが起こった。まだ若い社員もいるだろうし、これから日本を背負って起とうとしている人も沢山いる筈だ。こんなに多くの犠牲者が出る火災は久しぶりだ。
原因究明もさることながら犯人の動機やそのほかの情報など個人情報の壁に阻まれて何一つ分ら無くならないか心配だ。
こう言った一般常識では計れない事件が最近は多い。犯人が通院歴があると言うだけで名前も伏せられるし、必ずと言っていいほど弁護側は心神耗弱、心神喪失を言う。
こう言った犯罪が起これば一般市民も興味が湧くと言うか気にはなる。しかし一度でも通院歴があればマスコミは名前を伏せる。テレビニュースでも○○男性とか言う。
でも被害にあった側にはどうだろうか。前回の広島の豪雨の時にも亡くなられた方や病院に運ばれた方の名前は伏せられた。気になってこれらのニュースを見て居た人の中にも知り合いがいるんじゃないかとか、連絡がつかないが大丈夫なんだろうかと気を揉んでいた人もいると聞く。
個人情報と言う名のもと、いろいろと制約が出るのは仕方がないにしても災害や犯罪にあわれた方々の方にもう少し配慮があってもいいんじゃないかと思ってしまった。
情報をどこまで公開するか、はっきり犯罪と確定出来るまでか、しかし今のネット社会では一度顔や名前が出てしまえばあっという間に調べ上げる奴らが出て来る。
正しい情報ならばいいが間違った情報を流されたりするとそれこそ同じ名前の会社などに嫌がらせの電話やメールが山ほど来る。こんな面白がって流す奴らこそ自分の名前が出ないことを良いことに嘘八百を流すのだろう。逆にこいつらこそ調べ上げて名前を晒さねばならないと思う。嫌な世の中になったものだ。

ページの先頭へ

2019年07月18日

選挙の話題で一献

昨夜のテレビニュースの冒頭のニュースが「今日は晴れました」だった。
それだけ今年は晴れの日が未だ少なく、暫く曇天の続く日があるそうだ。
海の家も閑散としているしかき氷も売れ行きがおもわしくないそうだ。
子供たちも来週から夏休みに入るみたいだし、各地域の夏祭りなんかも始まる。
そんな中来週は参議院選挙の投票があってそれまで最後の追い込みとかで選挙カーのボリュームも最高潮になるだろう。人の集まりそうな場所は取り合いで交通の障害にもなるが今週が過ぎれば又、静けさが戻って来るのだろうか。しかし余り今回の選挙はヒートアップしていないように思う。最近の傾向として期日前投票なるものが知れ渡りそれを利用するせいか昔程投票所の混雑は無いように思う。前回だったと思うが衆議院選挙の時、出口調査とやらを受けたのを思い出した。調査員の方が何やらバインダーを持ってこちらに来られた。大体今まで勧誘や調査など無縁なもので一瞬ドキッとしたが丁寧にお答えした。調査する側も多分、調査しやすいような人を選ぶのではないかと思う。私など人相は悪いわ、ガラが悪そうだわでなかなか相手にされなかった。最近は見られないがティッシュ配りの人にまで敬遠される始末。
「ティッシュ一つ頂戴」と言えば何かにおびえたような眼差しで「どうぞ、いくつでも」と言われ、一緒に居た連れは「アレは恐喝か何かされそうな目やったで」と言ったのを思い出す。見た目と言うことでは仕方がないが人はその見た目に騙される。
今回の選挙の看板をしげしげとみていたら、近所の連れとばったり会った。
「オマエがしげしげ見てるから、何かあったんかと思ったわ」だと。
「やっぱり人は顔やな」と言ってやった。
「何が顔や」とそいつが言う。
「コイツが政治家になれる顔か」と言うと。
「そやな、どう見てもこいつはそんな顔やないわ」と言い返された。
あれこれ5~10分くらい家の前の学校の所にある掲示板に見とれていると、またややこしい連れが来た。
「やぁ皆さんお元気ですか?」何がお元気ですかだと、嫌な奴に引っかかったものだ。そいつはよくここでも出現する学会さんのお偉い方。
「今度の選挙も皆さんの一票が大きく左右するのでよろしく」だと。
「ハイハイ、任せといてや」と連れが言う。調子の良い奴だ。
「君らの一票が大きな一票なんやから」と言う始末。大の男が三人も掲示板の前で話し込んだらきっと警察に通報されるぞ。人相の悪い奴らがきっとポスターに悪戯なんかしないかと。世の中顔で選んだら我々おっさん達は何処に行っても行く所が無いわと思ってしまった。お互いオマエらよりはマシだと思いつつ近所の居酒屋に消えて行った夜だった。

ページの先頭へ

2019年07月17日

今日の愚痴はなかなかのものです・・・

梅雨明けはまだ聞かない。そして昨日やっとセミの鳴き声を聞いた。
今の所昨年のような猛暑の様子はない、しかしまだ梅雨は明けていないのだ。
大阪は天神祭りの頃が一番暑い、その天神祭りが来週から始まる。
毎日通る通勤の道がその天神祭りの提灯を並べる準備が始まった。沿道に橋に各会社の玄関先に天神さんの提灯を飾るのだがその電線を張り巡らせる工事がようやく始まった。これで準備万端と言うことは梅雨明けに繋がるのだろうか。
毎年、この時期になると同級生の歯科医院が早い目の夏休みを取る。それは天神橋商店街の中にあるからだ。診療所の前に屋台が出て仕事にならないから毎年この時期に早い目の夏休みを取ると言っていた。しかしここ数年は天神さんの時に休みを取って、お盆休みも取って7月8月は仕事にならんと言うのが口癖だった。
しかしそう言ってはいてもどこの歯科医院もそうだろうけれど患者さんの数が減って毎日が休診状態の所もある。年に何軒かの歯科医院は廃業に追い込まれるのが実情だろう。当医院にも何人かの税務署の職員が治療に来るが必ず言われるのが、「最近の歯医者さんは仕事をしてるんですか?」ほっとけや、仕事をしたくても患者さんが来なければしごとにならんと言い訳の一つも出てしまう。と言うことは歯科医院に来る税務調査も当医院に限ればここ何年と来て居ない。やぶ蛇にならぬように聞いたことがあるがこう言われた。「そりゃ行っても実入りがあれば行きますけどもねぇ」だと。確かに歯科医院の90%以上は収支がットントンか赤字だそうだ。当医院も儲かってはいないがこれ以上患者さんが減れば先先の事を考えないといけない。待合に患者さんが待つ、アポイントはなかなか取れない、こんな話は夢のまた夢。当医院に限って言えば「あそこはいつ行っても診て貰える」のだそうだ。今月もちょうど半分が過ぎてコンピューターの7月分の点数を見たら驚いた。
まだこんな位しか点数が無いのか、納品の伝票を見たら今月の買い物の少なさ、技工所の伝票も毎日出していないと言うことはこの点数の低さに現れている。
あ~あ愚痴っても仕方がないが毎年この時期に思うことだが、暑くなれば患者さんも出歩くのも熱中症を気にしないといけなくなるし、ますます心配の種は尽きない。

ページの先頭へ

2019年07月16日

7月も半分過ぎてしまった・・・

先週末は人間ドックに入る予定でいたが連れが急遽行けなくなって延期になった。
その為、土曜日に午前中は診療で昼からオープンにしていたがその用事が立て続けに入って大忙しだった。連れの代わりに仕事がらみで商談会議に入りその後場所を移動して借りている倉庫での打ち合わせ、そしてその晩もう一人と合流しての晩飯会。そして帰ったのが夜中だった。次の日曜日も朝からお参りに行き、昼から連れが新しいお店をオープンしたとかでお祝いに行き夕方からマッサージに行くと言うまさに大忙しの土日だった。昨日の月曜日は祝日でゆっくりできると思いきや熱帯魚の水替えで半日潰れた。この歳でこんなに移動したり忙しく働く老人は珍しいはずだ。
でも充実した時間を過ごせたからか、疲れをあまり感じない。そう家人に言うと
「ただ単にボケが始まったんとちゃうか?」だと。何にせよ寝込むより良いじゃないかと自己中な私は勝手にそう思うことにした。
そうか今日は火曜日だ。昨日の祝日を身体が感じていないから頭では分っているつもりでも今日は火曜日、何だか一日得をしたのか損をしたのか。
朝から毎月一日と十五日は榊の交換と神棚の整理をすることになっている。昨日が十五日だったから今日が朝からその整理に時間をとった。
神棚の左右に榊を飾るがどうも右側の榊の枯れるスピードが速いように思った。調べて見ると右側は氏神様をお祭りしているらしい。左側は崇敬神社だそうです。だから右側から枯れると言うことは氏神様が巡回をして穢れを祓ってくれているらしいとか。だから悪いことではないのだそうです。
気の持ちようで何とでもなるみたいだが、私の様に単純な頭の人はそう言われると益々信じ込んでしまう性格。良かった良かったと勝手に思い込んでいます。
そしてお酒と水と米と塩、これらも交換して気持ちを新たに今週も乗り切れるよう頑張らないとと思うのでした。そう言えば7月も半月が過ぎ天候が不順な梅雨の季節、せめて気持ちの上だけでもしっかりとしないとこの夏を越すためにはそんな思いも必要かと思います。

ページの先頭へ

2019年07月12日

どっちもどっちだ・・・

本日の午後は半日ドックの予定で患者さんのアポを入れずにいた。
昨夜突然の電話が鳴った。今日一緒にドックに入る予定の奴からだ。
「先生、夜分にすみません」
「どうしたんや」
「明日のドックの件で」
「だからどうしたんや」
「実はこちらのミスで検査日が来週の金曜日でした」
「・・・」
「だから明日はありません」
「いやちょっと待ってや、患者さんのアポも取り消して日にち変更して貰った患者さんもいるんやで」
「はい、すみません」
「いやいや、すみませんってどうしたらええんや」
「だからあしたの午後診はやってください」
「いや簡単に言わんといて」
「はい、すみません」
こんなやりとりだった。明日の為に今週初めから食べるものも気をつけて少しでも血液検査の結果が良い結果になるように準備していたのに。でも平生の血液検査の結果を知りたいのに無理に良い結果を出そうと小細工をした罰が当たってしまった。患者さんにもよく言いますが「何も無い時の血液検査や血圧を知ることが大事ですよ」って。私のやっていることは何も無い時ではなく、如何にも検査日を狙った姑息な生活で良い結果を出したからと言って自己満足でしかない。
こんな事になるのなら今週の初めから節制生活を送るのではなかったと反省。
でもまたこれから先の一週間を節制生活で凌げば、本当は今日するはずの検査の結果はより良いものになるだろうと言う小さな期待と、また一週間油ものを控え好きなものも食べれずに悶々とするのかと思うと精神的に良くない。その反動が怖い気がする。
でも決まったものは決まったもの、あと一週間をもう一度今週の様にすればより良い結果が待っていると思うだけで楽しみを先送りしたことになるではないか。
まぁなんにせよ今日の午後は全くの白紙のアポイント帳。することが無いわけではない。ダストの掃除やトラップの掃除、技工室の中の要らないものの整理、そんな事を考えたらやる事が山積みだ。
急に昼からの検査が無くなったと言ったら女の子たちはどんな顔をするだろうか。
勿論、嫌な顔をするのは分っている。どんな風に嫌な顔をするかそれをどう知らせるか頭が痛い。いきなり言うのと、昼前に急に言うのとどっちが良いだろう?

ページの先頭へ