2019年02月15日

捕らぬ狸の皮算用か・・・

有難いことに昨日のバレンタインデーに患者さんからいくつかチョコとお菓子を頂いた。そう言えば昔は我が家も盆暮れの挨拶と言ってお中元やお歳暮が当たり前と言えば当たり前の様に頂いたり差し上げたりしていた。しかし最近はどうだろう、ご挨拶の贈り物もそうだがお葬式に至っては「家族葬」なるものが流行りだそうだ。
また事後報告と言った類のFAXが届くことが多くなった。
それまでは「お花やご香典は辞退させていただきます」と言うのが最近の流行だったのだが。香典返しの事を考えたら辞退させていただきますが助かるが、昔のようなのが良いのか今のようなのが良いのかは分らない。昨年の12月に喪中ハガキに混じって年賀状の挨拶を辞退させていただきますと言う案内をいくつか頂いた。
年賀状での安否確認?みたいな仕来りを申しませんと言う意思表示なのか、なんだかさみしいような気もするがそれもまた現代風と言えば仕方が無いように思う。
昨日だったか一昨日だったか忘れたが、年賀状に一筆添えるのがマナーだと言うのが新聞に載っていた。昔は住所氏名を手書きしていてそこに一筆添えては居たが、今はパソコンで高速プリンターで打ち出すので誰に出したかさえも分らない時代だ。
先輩からの年賀状で一際目立つのがある。独特な文字で書かれた年賀状で必ず一言書き添えてある。以前お会いした時にその話になって、どうしてあんな独特の年賀状を?って聞いたらこう答えが返って来た。
あれはその人をイメージして一気に書き上げているとか。ひとりとして同じ文字や絵は描かないと言っておられた。
そうしたら私のイメージだったのかアレは。
そしてその年賀状が今年の2等賞に当たっていた。ふるさと小包だと思うが。確か去年は切手シートが当たっていたから来年は1等賞を期待したい。これこそ捕らぬ狸の皮算用だと笑われかねない。

ページの先頭へ

2019年02月14日

緊急事態発生!!!

緊急事態が起こった。
家にも熱帯魚を飼っているが連れ宅にも同じように熱帯魚を飼っている水槽がある。我が家と同じ大中小と三つの水槽がある。
その内の一番大きな水槽の濾過ポンプがいきなり止まった。
メールが来たのが夜中の11時半、風呂上がりでうつらうつらしていてメールの存在には全く気が付かなかった。
朝方に気が付いて直ぐに返事をしようと思っていたがこちらの起床時間が午前5時なのでこんな時間にメールや電話をしようものなら何を言われるか分らないので8時過ぎに電話をかけた。
大水槽には100匹以上のグッピーがいる、中水槽の中にはグッピー以外のテトラ類がいる。そして小水槽には生まれたばかりのグッピーの子供がいる。ろ過装置が止まれば生命の危機だ。
生まれたての子供たちを小水槽からまた産卵箱に移しテトラのいる中水槽に移動、小水槽の濾過装置を大水槽の濾過水槽に移したと言っていた。
確かに大水槽に藻が発生して水が緑色になっているとは聞いていたがその中にも子供が沢山生まれていた。しかし水草の中に隠れて生き延びた者は沢山いる。でないと親が餌と間違って捕食しかねないからだ。
夜中の移し替えは大変だったらしい。水替えの時は自動ポンプで何とか凌ぎ切れたらしいが、生まれたての魚を一緒に吸い込んでしまうこともある。目の細かい網で水をろ過しながら小さな小魚を小水槽へと移しながら水をかえることに。
同じように我が家も水替えを定期的に行っているが、やはり光が入れば光合成を起こし水槽のガラス面に緑色の藻を発生させる。
フィルターにはぎっしりと緑色の藻が張り付いている。
水の状態が良いとクリアな透明な水になるが、一旦藻が発生するとどんどん周囲に広がって1週間もすればガラスは勿論水も緑色に変色する。
話は飛んだが、夜中の作業で連れは殆ど寝ていないと言っていたが生き物を飼うと言うことはその命を守ると言うこと。
人の手が入らなければ生きていけないと言うこと。
我が家の水槽にも頻繁に水替えをしないと同じような事になりかねない。でもいち早く気が付いて避難させれたので一安心。

ページの先頭へ

2019年02月13日

少し寂しいバレンタインデーかもしれない

今年もいよいよ近づいてきた。そうですバレンタインデー。
でも今回は当診療所ではチョコ禁止令を発令しました。
たった二人ですが毎年きちんと頂いておりました。昔は何人もいた時には「女の子全員からです」と言ってくれたものですが現在は二人、別々にくれています。金額でも量でもなく気持ちを頂くので今年からは自分にご褒美チョコを買いなさい、という御触れを出しました。そうすると義理でもお返しを考えなくても良くなったのでこちらも楽ちんです。
その代わり義理の代わりの食事会はそのまま継続することにしました。
滅多にこんな機会しか食べれないチョコもあるだろうし、それこそ1個何百円もするような高級チョコも自分で食べるために買うのなら納得できると言うものです。
嘗ては飲み屋さんで貰った義理❓チョコのお返しが何万円もかかったり、チョコが財布やバックに変わったり、何やら同伴と言う名のお高い支出になったりで、これも又経験と割り切ったら良いんでしょうが、「この年寄りに愛の手を」なんて言ったって誰も相手にはしてくれそうもありません。
だから私も男だ、食べたいチョコくらいは自分で買います宣言をして買いに行こうと思っています。
しかしデパートの特設売り場は凄い人だとか、そしてその特設売り場でまたしても事件が。それはとあるデパートの特設売り場のアルバイトが麻疹にかかっていたと言うニュース。麻疹は空気感染するので我々の年代の方はワクチン接種を済ませているが、今の若い子たちは接種していないのでそこが心配。チョコどころでは無いのかもしれません。人込みではマスク、でも麻疹のウイルスはマスクなど簡単に通り越してくるので手洗い嗽そしてちょっとでもおかしいと思ったら即、検査をして欲しいものです。
でも言った手前、少々残念な気持ちもあり複雑なバレンタインデーになりそうだ。

ページの先頭へ

2019年02月12日

この歳になってお恥ずかしながらの初体験だった

どうしても朝から火曜日と言う感覚が無い。
昨日が祝日で休んだせいか朝から何度も頭の中は月曜日モードだ。
土曜日半日仕事をして昼から病院で点滴、月曜日はゆっくり過ごし朝から墓参り、そして家で片づけ。そんな事をしていたら一日があっという間に過ぎて行った。
日頃はテレビなんか見れない、たまに日曜日に車の中で観る位だから平日のこの時間にこんな番組がやっているのかと思ってしまった。連れと日曜日の昼飯にそいつのリクエストでハンバーガー屋さんに行った。ハンバーガー何てマックかモス位しか食べたことが無かった。しかもハンバーガー専門店なんか行ったことが無かった。
土曜日に毎週行くイタリアンのお店の子が仲良くなってメニューにない無茶ぶりのピザやパスタを作ってくれる。
土曜日にもランチに無いピザとパスタを注文。他にお客さんが居ない時に無理を承知で注文するが食材が無い時は無理と言われるが、あれば何でもオーダーできる。ピザは和風が好き、薄い生地に岩海苔と大葉とシラスを乗せたピザ。それとタルタルにウインナーとベーコンをトッピングしたのをオーダー。後から来た人が我々のテーブルにあるピザを見てメニューを見て探していた。でも無いので仕方なく?本日のピザを頼んでいた。そのマスターの後輩がハンバーガー屋さんをしていると言う話になって食べに行くことになった。本格的なハンバーガー屋さんなんて初めての体験。どう注文したらいいかそこの店の人に聞いて注文した。私は初めてのお店ではまずは「ココのおすすめで」という。何度か行ったらお気に入りのを頼むが分らないので看板商品にすることにしている。
大体ハンバーガーと言うのはアメリカスタイルと言うかお店自体がアメリカンな感じを前面に打ち出している店が多いとか。そこの店も古き良きアメリカを出しているお店だった。R66,なんかのポスターやシール、雑貨屋さんかと間違うほどに細々したものが陳列してあるケース。そして食べ方の説明。一口では食べれないほどのボリューム。それをこうしてって身振り手振りで教えて貰って食べてみた。5~6種類あるソースをつけ乍ら一口ごとに口の周りをソースでベチョベッチョにし乍ら食べ終わった時には結構ボリュームがあってお腹一杯になったこれで1000円は安く感じた。
今まで食べていたのは何だ?と言う感じをお互いに思ってしまった。コレはちょっとハマりそうな予感。世の中にこんな美味しいものがあったのか、そう思う初体験だった。

ページの先頭へ

2019年02月08日

簡単なようで難しい生き方なんだと思う

昨日のニュースで最大級の寒波がやって来ると言っていた。
やはり今の地球に何やらおかしなことが起こっているのだろうか。
何処かの氷河の下に大規模な空洞があったり、暑いと言えば猛烈な暑さがやって来たり、寒いと言えばコレまで体験したことが無いほどの寒波がやって来たりと穏やかに過ごせる気候は無くなってしまったのかというくらい大げさでは無くなって来ている気候変動だ。
それにニュースと言えば「煽り運転」だの「虐待」だののワードが毎日のニュースで聞いていて気分が悪くなるくらい出て来る。
そんな中これらのニュースにホッと一息つくニュースはと言えばなかなか見つからない。自分の周りを見渡してみてもなかなか見つからない。考えてみたらコレが平和なのかと思ってしまう。
何も無いから、悪いことが無いから平和とは可笑しなことだがそれくらい暗いニュースを毎日聞かされている。
だからちょっとしたニュースがほっとさせてくれるのかもしれない。昔は箸がこけた位でも可笑しかったと言う表現があるが、箸がこけた位で何が可笑しい?と思う心が情けない。
小さな子供の何気ない仕草にさえ微笑ましいものがあった様に思うようになればまだ救いもあるが、何も感じなくなっていく自分が寂しい気もする。
毎日を楽しく過ごすのもつまらなく過ごすのも自分次第。
それなら楽しく過ごしたいものだ。今の現状を一歩踏み出すことで今まで見えなかった新しい世界が見えれば儲けもの。
誰かの言葉にこんなのがあったように思う。
「生きているだけで まる儲け」こう思えるようになるにはどうしたらいいのか。なかなか味のある言葉だと思うのだが・・・

ページの先頭へ