2019年08月23日

やってられんわ・・・

高校野球も終わってしまった。履正社高校の優勝で幕を閉じたが、よく言われることに決勝戦も面白いが準決勝戦が一番面白いと言われる。今年もその四校はどこが優勝してもおかしく無い顔ぶれだった。全国の高校の頂点に立つ夏の高校野球は春の選抜に比べて勝ち上がって勝ち上がっての頂点だから喜びもひとしおだろう。大阪の人間としては判官びいきもあって地元を応援したくもなるがいつも言うが強い高校が勝つのは当たり前、でも甲子園には魔物が住んでいると言われる。連れに甲子園が大好きな奴が居て高校野球も好きだがそれ以上に阪神タイガースが好きな奴がいる。
そいつは地元の甲子園出身で野球など全く縁のない奴だがそこの甲子園球場の周りの土地の大地主だった。それこそその昔はそこ一帯はイチゴ畑が広がるのどかな一体で地名にすらそいつの名前(○○)が付いている。今では大分持ち土地は減ったと言っていたがそれでも地名になるくらいの大地主だったと言うことだ。○○町と言うからそれだけの土地持ち。そんな関係で今でもそいつの会社の寮や工場があったりして度々行く機会があるらしい。そいつ曰く、「昔は何にもなかったイチゴ畑だったんだけどなぁ」それが口癖だ。
今では高速道路は走り幹線道路も新しく出来た新興住宅も田んぼや畑など猫の額ほどになってしまった。
「それを切り売り、切り売りして親が私を大学にまで行かせてくれた」コレがコイツの口癖。しかし4年で卒業できるところを何だかんだと訳の分からないことで結局は7年かかって大学を卒業した。4年で卒業できればそんなに田畑を切り売りしなくて済んだものをと嫌味を言ってもこいつには暖簾に腕押し、糠に釘だ。
話は飛んだがその阪神タイガースの熱烈なファンのコイツの口癖もいつもこうだ。
「甲子園には魔物が住んでいる」と何の根拠か知らないが負けた時にのみコイツの口からこのワードが出る。またこうも言う、「強いものが勝つのではない、勝ったものが強いんだ」と。確かにそうかもしれないが「弱いものが負けるのではない、負けたものが弱いんだ」とは決して言わない。それはあくまで勝者の理論で負けは負け、勝ちは勝ちだ。両者の勝ち負けが拮抗しているからこそ名勝負が産まれ、偶々勝敗がどちらかに転がった時にのみ「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い」が成立する。そして最後にコイツの理論で行くと、「高校野球で名勝負を繰り広げている甲子園はその地点で運を使い果たしているから阪神タイガースは運を拾えない」こんな理屈が通るはずも無いが、コイツにはそれが当たり前の様にまかり通っている。ホンマにこいつにはやってられんわ。

ページの先頭へ

2019年08月22日

昔が良かったのか、今が良かったのか・・・

8月も終わりに近づいてきているがまだまだ暑い日が続いています。
朝夕の水やりも日課となってから余りの暑さに陽の当たる場所に植えてある木々には葦簀で覆った植木鉢がどんなにか羨ましく思っているだろうと勝手な想像をしています。夜に自分の部屋に帰って来ると室温が35度を超える日もあり、毎日熱帯魚が1匹2匹と昇天していて心が痛い日々です。室温はきっと昼間には38度、39度になっているはず。夜の7時ですら35度をさしている水槽、指を入れると生暖かいと言うより湯冷ましの温度位になっています。それでも頑張って生き抜いてくれている魚たちに感謝、感謝。本当は水槽用クーラーを頼んだのですが時期が遅く入荷が今月末になってしまいました。適温20度から25度の水温を35度以上と言うことは毎日、毎時サウナの中に居るようなものだと言うこと。これでは魚も夏バテになるようです。連れの家ではワンちゃんを飼っているところなど部屋の中では一日中エアコンは欠かさないとか。フローリングの床に腹這いになってどこが一番涼しいか動物は本能的に分るのだそうです。我が家でも家人はエアコンは嫌いでなるべく風邪を直接当たらないようにしておくのですが、それでもこの猛暑では身体が風を欲していて扇風機の首ふりを上手に利用して過ごしています。
我々の頃は2学期と言えば9月からでしたが最近は8月の最終週に2学期が始まるところもあるそうです。当医院に来ている患者さんはその話をしていました。
やっとこれで解放されるんですと喜んでいました。それでどこか行かれたのか聞いてみたら今年はお盆の台風と偶々休みが取れた日に子供が夏風邪を引いたのでキャンセルだったっそうで親としては嬉しいが子供にとっては寂しい夏休みになったそうです。
私の子供の頃って親にどこかに連れて行ってもらった経験はありませんでした。
その代わり昨日も書いたボーイスカウトに放り込まれてあちらこちらとキャンプやハイキングに行った思い出しかありません。それはそれでよかったと思っているのですが。今の子は塾や宿題の為に何処何処に行くと言うことがあるらしく、純粋に遊びに夢中になれることは少ないのではないでしょうか。

ページの先頭へ

2019年08月21日

高校野球と言えば・・・

高校野球も決勝戦を残すのみとなりました。世紀の鉾楯対決となりました。
投の星陵高校か打の履正社か。楽しみは尽きません。全国の高校野球の頂点を決めるに相応しい決勝戦になることを祈るばかりです。以前私もここで書いたと思いますがボーイスカウトをしていた頃、ある高校のプラカードを持って入場行進をした経験があります。そしてその高校が優勝して思いも一層強くしたことがありました。
直接、野球と関係が無かったけれど何だか一緒に戦ったと言うか応援したと言うかそんな満足感もありその年はその高校を目一杯応援したものでした。
その当時の選抜されるボーイスカウトは各団の推薦と、成績上位、そして何より身長が○○センチ以上と言うのがあって成績が良くてもダメでした。ただ身長だけがあっても勿論ダメでした。抽選でどこの高校のプラカードを持つかでも仲間同士でも「あっちの高校が良かった」とか「一回戦負けやな」とか、外野は結構煩かった事を思い出します。
私の高校も入学した年の夏の甲子園に出場して訳も分からず応援に駆り出されました。2回戦まで進んで3回戦で負けましたが選手と一緒に応援できたことに大きな喜びを感じました。
まだ我々の高校時代は大阪には古豪と言われる高校がいくつかあって今のような常連校が決まっていたわけではありませんでした。組み合わせの妙で準々決勝までは行けそうとか、同じブロックに○○高校がいるからそこが実質の決勝戦やとか言われる時代でした。それっきり母校は甲子園まで行けていませんが今の校長は同級生でこの間会った時には「もっとスポーツに力を入れたい」とか言っていました。
そして早速、校長就任祝いとか勝手に言って暫く払っていなかった「同窓会費」を徴収されました。オマエらの同窓会費の未納者にこれからどんどん圧をかけるからとか言っていました。暫くは手腕を見て見たいがこいつは姑息なやつだからどんな手を使ってくるか分りません。くれぐれも注意しないと。

ページの先頭へ

2019年08月20日

どっちもどっち・・・

昨日の夕方に大阪は地域によってではあるが警報レベルの雨が降った。
たまたま雨雲レーダーを見ていて南部の方から濃い紫色の雲画像が写っていてコレってどれくらいの雨だろうかと思っていた。暫くして岸和田方面がその中に入った。すかさず同級生に電話を入れた。
「おい、オマエの所雨はどうや?」
「さっきから降っているで、それがどうした?」
「雨雲レーダーの画面が凄いことになっているから電話をしたんや」
「そうか、大したことないわ」
こんな会話だった。そしてその延長上に堺市がある。今度はそこの同級生に電話をした。
「オマエとこそんなに雨は降ってないか?」
「アホ言え、ドアも開けられないくらい降ってるわ」
「やっぱり雨雲レーダーはあてにならんなぁ」
「何の用や、用無かったら切るで」とあっさり電話を切られた。
そうかその程度の画像だったのかと思っていたらそうでは無かった。
送られてきた画像の時間差があったのだ。距離にして10キロも無い、しかし雨雲の速度はきっとそれ以上なのだろう。いや待てよ、最初の岸和田の診療所はビルの確か5階、堺の同級生の所は1階。その違いもあったのか?
そして大阪市内も段々と暗くなって来て雷が鳴り出した。ちょうど患者さんの入れ替わりで今は患者さんが居ない状態。アポ帳ではあと30分もすれば最後の患者さんが来る。この様子では来れるかどうか心配になって来た。そうだ技工所に人もまだ来ていない、材料屋さんも同様に来て居ない。まぁどちらにせよこの雨ならばまだまだ時間がかかるんだろうと思っていたら技工所の人に車がビルの下に止まった。続いて材料屋さんの車もその車の後ろに止まった。これで帰れる、そう思ったとたん私の携帯の電話が鳴った。
「先生、急なことなんですが差し歯のブリッジが外れてしまって」
「今何処ですか?」
「○○駅です、あと30分くらいで行けるんですが」
「そうですか、お越しください」
そして30分経っても40分経ってもまだ来ない。当ビルは19時には正面玄関が閉まる。後は通用門しか開かない。1時間たったところでまた携帯が鳴った。
「すみませんまだ電車が動かないんです、何でも落雷だそうです」
「まだ暫くは居ますからどうぞ焦らずに来てください」
これでは何時になるか分らないが、お越しくださいと言った手前待たなければならない。気ばかりが焦ってしまうが患者さんもきっと同じ思いだろう。
結局来られたのが最初の予定より2時間以上もあとだった。何とか差し歯は付けることが出来たが何だかんだと話し込んでしまった。5分、10分の遅れはイライラするがここまでの遅れは逆に開き直れる。女の子たちはもう帰して私一人で待っていた。後片付けを済ませてビルを出たのは22時を回っていた。パーキングに行って車を見たら汚れが少しマシになっているように思えた。さっきの雨できっと汚れを洗い流してくれたのだろう。そう思ったら何か得をした気分になった。
早く帰れなかったのは残念だけれど、その分車が綺麗になったことは喜ばしいことだ。まぁどっちもどっちと言うところか。

ページの先頭へ

2019年08月19日

何の得にもならないですよ・・・

昨日、連れと出かけた帰りに大渋滞に巻き込まれた。
ヤンマースタジアム長居で行われていたエーネーション2019のイベントの帰りとぶつかったのだ。普段から若干の混雑はある交差点だが駅に流れる人の波、車の渋滞、タクシーの長い列。どれをとってもこの交差点を抜けるのには覚悟が要った。
それでも横道に入るでもなく(こんな時は横道の方が混雑するから)渋滞のまま流れに乗って行った。そしてやっと抜け道に出た時に今度は何やらテレビ局の車が何台も並んでいたところに遭遇した。片側一車線の道。ここは滅多に車が混むような所ではなかった。しかし昨日に限っては混雑していた。そこを通らなければ又もや渋滞の道に出て行く。それは折角避けて遠回りした意味が無い。連れ曰く「何でここまで混雑するんや」後で意味が分って納得した。そうです、あの事件の犯人が取り調べを受けている警察署の前の道だったのです。煽り運転の指名手配の犯人が捕まって取り調べを受けている警察署だったのです。普段は平和な街がエーネーションのイベントと、指名手配の犯人の逮捕に至った警察署が同じ場所にあったからです。
警備で大変な時にこんなに大事件の犯人が逮捕されたとなると近所は静かな生活を送れるはずもありません。
それに逮捕時の場所も良く知っている場所でその周辺は連れの家もあって絶対に連れは見に行っているはずだと思ったからです。案の定後から聞いたらその場に居てテレビカメラに映るところに常にいたはずなのに一向に映っていなかったと愚痴を言っていました。
日頃滅多にテレビを見ない私も、今回のニュースは他人ごとではありません。
何故かと言うと、結構周りにこの煽り運転に近い運転をするバカな奴が多いからです。こちらは決して煽っているわけでも無いのですがそのように思われる車に乗っているのが多いからです。黒色のセダン、シャコタンの車、全面スモークガラスの車、そしてナンバープレート。このナンバープレートを見ればこいつは拘っていると言うのが一目瞭然です。一桁のナンバー、ゾロ目のナンバー、必要のない飾りつけをした車等々です。
その連れの家の前は結構広い交差点でバスでもトラックでもUターンできるほどです。夜になると最近は無くなったのですが結構ドリフトをしたり高速でカーブを曲がったりのバカな若者が居たりしていました。今は居ませんが。そのバカな若者も歳をとってしまって親父になっています。(連れたちのことです)
ちなみに彼らの為に言っておきますが決して暴走族ではありません。ただのいきりたい兄ちゃんです。車好きの。
折角の夏休みの後半にこんなイベントと捕り物に出くわすとは夏の夜の語り草になってしまいました。
皆さんくれぐれも煽り運転の車には注意してください。何の得にもなりませんから。

ページの先頭へ