2008年08月06日

無くて七癖

ひとにはいろいろな癖を持ち合わせている方がいらっしゃいます。そういう私も人から見るとどうでもエエやんという癖があります。自分の事はさておき友人の癖をご紹介しましょう。彼は靴下、靴すべて右から履きます。一度、左から履いたときに何やら嫌な事があったらしく、それ以来決して左から履くのを止めたとか。またその彼はどこでも入り口から入るときは右足から出る時は左足からと徹底しています。お寺の作法も入るときは右から、出る時は左からと決まっていて一度お寺にお参りに行かれたときにお坊さんを見かけたらこのことを思い出してみてください。もし左から入って行くお坊さんがいたり右から出て行くお坊さんがいるとそれは偽者??こんな患者さんもいらっしゃいます。うがいをするときに決まって首を左右に振って最後には喉の奥をうがいして必ず3回。だからこの患者さんが来られた時にそのことを知っている当院のスタッフや院長の私は、一度でいいからこのパターンを崩してみたくなってうがいのコップの水をわざと少なく入れたり(ごめんなさい)早い目にチェアーを倒してみたりしてみましたがやっぱり今までの習慣とは怖ろしいもので必ず首を左右に振って、必ず3回。で、最後にこういわれました。先生今日の水の出は悪かったよって。ハイどうもすもませんでした。

ページの先頭へ