2008年08月10日

オリンピックがはじまりました

前にも書きましたが、日本のマスコミなんかの報道に苦言。いつもいつもいかにも強いぞ強いぞって、メダル確実って、勝負は時の運。相手も必死だし、このために4年間一生懸命練習してきている訳だから、幸運にもメダルが取れればそれは素晴らしい事だし、取れなくてもそれは選手を攻められないのに、TVの放送で選手の親か親戚か知りませんが、どうもすみませんって謝る?これっておかしくはありません?だれもここえ出てくる(出てこれる)選手たちはその分野ではスペシャリストでしょう。その彼らが大切な時間やらを練習につぎ込んで勝負をする、勝っても負けてもやっぱり拍手でしょう。結果を大事にしたいなら事前の予想もシビアにしてもらいたいし、いかにもっての予想は彼らにとってもプレッシャーの何ものでもありません。
予想は予想、って言われるかもしれませんが、この選手はだいたいこの辺あたりだったら今以上にその選手の自己ベストを出してもらえるような報道をお願いしたいものです。そりゃ本心はメダルに届くに越したことはありません。勝負ですから勝つに越したことはないですが、国民性とでもいいましょうか、喉もとすぎっればなんとやらって、その時だけ熱く応援するのではなくベストを尽くせるように見守ってあげたいものです。前に書いた同級生(亡くなった)が言ってましたがコーチも選手も自分自身が実力は一番わかっていますって。それだから過度の期待や重圧はけっして応援にはならないって。そう思いながらこれからのオリンピックを観戦したいとおもいます。ガンバレ日本!

ページの先頭へ