2008年08月28日

とっておきの貯蓄法

昨日言っていた貯蓄法をご紹介しましょう。
みなさんも500円玉貯金をされている方もたくさんいらっしゃると思いますが、友人にその達人がいるので紹介しましょう。まず用意するものは開閉できない貯金箱。そしてまず3万円貯めれる貯金箱に500円を貯めます。ここまでは誰でも出来ます。次に5万円貯まるのに移し変えます。するともう3/5貯まった状態からスタート。そして5万円貯まったら次は10万円入る貯金箱に移します。するともう半分貯まった状態からスタートできます。それを30万円、50万円、100万円と変えていけば,一から貯めていくより早く貯まったように感じるから不思議です。
そして彼はコーヒー一杯350円ならお釣りの500円は必ず貯金箱へ、また750円の買い物なら1350円出してお釣りを500円で貰います。結局、一杯が850円のコーヒーになる訳だけれど500円は貯金箱の中に残ります。そうして彼はコツコツと貯めに貯めたお金は何と1000万円。これ全部500円玉貯金。彼の部屋に床をなんと厚い板で補強して100万円の貯金箱が10個積み上げられていました。
まるで時代劇の千両箱のようでした。かれこれ500円玉が世に出て約30年近くになろうとしていますが彼は未だに500円玉を使った事がありません。そうそうこんなエピソードがありました。手持ちのお金がなくて500円玉で10枚5000円、でもお札も他のお金も無かったので電車賃が無くて、梅田から自宅まで約20キロを徒歩で帰ってきました。それはそれで見上げた根性だと思いました。そして彼の夢は何かと聞いたら、一度でいいから500円で買い物がしてみたいですと。しかし夢の中でもやっぱり500円玉ができれば貯金箱に入れていたそうです。

ページの先頭へ