2008年10月24日

どっちもどっち、私は中立な立場です

昨日、友人が奥さんと久しぶりに食事デートに出かけました。たまたま娘さんが修学旅行で留守だったためで、二人っきりでの食事デートは何年ぶりだといっていました。あらためて二人でデートもおかしなものだと言っていましたが、何だか満更でもなさそうでした。そこでの会話はやっぱり家でするような会話かといえばなかなかTPOを考えた話だったようです。
創作フレンチのお店らしいんですが、ここの奥さんいたってイケメン好き。(失礼)友人曰く。散々、お店の中でその話を聞かされたもので友人は早くも危険なモードに突入。彼は直ぐにキレるんで有名な奴。
何度かキレかかったと言っていましたが、そこは大人の対応で何とか乗り切れたそうです。奥さん曰く。
何でも、昼過ぎにもうお店の予約を取ったとメールで知らせたら奥さんはそのあとずっと気分が良い思いで過ごせたと。ここで彼は閃いた。こんなことなら、こんな事でいいなら何でもっと早くから嫁さんと食事デートに誘わなかったんだろうってちょっと後悔。その後の友人に対する対応の仕方に微妙に変化が現れたと言っていました。よそのオネェちゃんにお金を使うよりずっとこっちのほうが自分のためだと言っておりました。奥さんが知っているあちらこちらの穴場をこれから一緒に食事デートするらしい。これで家庭円満、ハッピー、ハッピー。

ここで奥さんが退席されると友人の態度が一変。

女性というものあんなことでウキウキするんならお安い御用、こちらも嫁の行き先を確認できるし、一石二鳥や。美味しい食事も出来るし、また違うオネェちゃんとも使えるし・・・何とオソロシや。

今度は友人が退席、するとここの嫁さんは澄ました顔でこう言いました。

男性なんてチョロイもんだわ。ちょっとウキウキした態度を見せたら急に優しくなるんですよねぇ。
きっとあの人私の知っているお店にどこかの店のオネェちゃんをきっと連れて行くんだろうけど、もうちゃんとお店の人には言ってあるから旦那がきたら連絡頂戴って。・・・

もしその後、何か事態の進展があればまたここでお知らせします。 まぁ私に言わせればどっちもどっち。

ページの先頭へ