2008年12月28日

小さな子に慰められて・・・

朝から先輩の診療所へ。
前にも書いたと思いますが、そこの駐車場は30台ちかく入る大きさです。なのに入り口で入る車が行列。スタッフ専用の駐車場にもたくさんの車が入っていました。
ここは年内31日まで診療が入っています。そして年明けは4日から始まります。働くのが大好き院長のおかげで患者さんには大好評。スタッフには・・・(怖くて書けません)インフルエンザ大流行なので点滴ルームに入るのが怖くて院長室のタバコくさいソファでするかって看護師に聞かれましたがたまたま空きがあったリハビリセンターのベットを使わせてもらいそこで点滴をすることにしました。あちこちから咳き込んだ様子が聞こえてくるにつけこっちが正解と思っていたら幼稚園ぐらいの子供が風邪で休みに来ました。横のベットでこちらを見ながらしんどそうにしていて可哀想になったので一言聞きました。点滴したら楽になるよって言えばそのこはこう言いました。点滴はおとながするんでしょ。私はチッチャいからまだできないんだよ。って。そのかわりママが今薬を貰いにいってるから。おじさん点滴って痛い?
でももう直ぐ楽になるからねって、逆に慰められました。いまどきの子はしっかりしてると思っていたら何とその子の母親はそこの新しい看護師さんでした。やっぱりね。

ページの先頭へ