2009年03月14日

初めての衝撃場面に出くわした〜

朝からけっこうまとまった雨が降っています。
道が空いていたので意外と早く診療所に着きました。
いつもの喫茶店は土曜日は九時からの営業でまだ開店していません。久しぶりに某牛丼店で朝食を取る事にしました。一人だったんでカウンターで朝食を取っているとボックス席の三人連れが同じように朝食を取っていました。その中の一人に目が奪われました。後の二人は納豆定食とシャケ定食。そしてもう一人はご飯と味噌汁と卵。後で牛皿でも出てくるものだと思っていましたがいつまで経っても出てきません。そしてその食べっぷりたるや想像を絶しました。納豆かけご飯は納豆をご飯の上にかけて食べるんですが、その人はご飯に卵をかける(玉子かけごはん)とその上に前に置いてあるサービスの生姜を山のように乗せてその上からお醤油をかけて食べ始めたではありませんか。
こちらも暫し箸を動かすのも忘れてみていました。
するとご飯半分くらい食べたところでまたまえに置いてあるサービスの生姜を残りのご飯に乗せてモクモクと食べていました。こんな食べ方もあるんだと思ってみているとその器の中の生姜をお代わりして、今度は生姜だけを箸で摘みながら後の二人が食べ終わるまで生姜だけを食べていました。生まれて初めて見るこの光景を私だけでなく横のオヤジも見ていました。
彼らが帰ったあとで横のオヤジが店の子に聞きました。
「あの子らしょっちゅうここにくるの?」
「時々です」
「いつもあんな調子?」
「ハイ でも今日は一人だけだから」
「??」
「いつもは三人ともご飯と玉子か味噌汁だけなんです」
「へ〜!」
「今まで最高 三回お代わりをしたんですよ」
「へ〜!」
あのような食べ方を始めて見たんでちょっと衝撃。
その後暫くは彼らの胃の中はきっと生姜丼だったんだろうなって思いました。

ページの先頭へ