2009年03月21日

お誘いを断るにも勇気がいるんだなぁ

やっぱり土曜日に来られる患者さんが増えてきた。
有り難い事である。が、しかし私一人で受付やら、診療やら電子カルテの打ち込みやらでてんやわんやだ。
今さら土曜日だけのアルイバイトを入れれるわけでもなく、患者さんに迷惑とは分かっていても辛抱していただかなくてはならない。しかしそこは知ったる土曜日の患者さん。少々待とうが新聞でも読んでるから気にしなくてもいいですよ。って言ってくれる。でもそういわれると余計に焦る。何とか無事に仕事を終わらせた時に電話がかかって来た。近所にいる連れからだ。
「昼メシ 行かへんか?」
「まだ仕事中や」
「そしたら待ってるは」
「今日は昼からも仕事に行かなあかんから、昼抜きや」
「そんな事言うなよ 美味しいお好み焼き屋見つけたんやから」
「来週から断食始まるから食べ物には気を使うんやで」
「オマエ全然気を使ってるようには見えへんけどな」
「アホか これでもちゃんと気を使ことうるワ」
「明日から摂生に入ったらいいやないか」
「アカン 今日からや」
なんやかんやで、やっとの思いでその場を切り抜けたけれど、きっと今晩あたり晩飯の後でお茶行かへんかってくるに決まっておる。まあ、晩は付き合ってやってもいいが昼から大の大人二人でなんでお好み焼きをパクつかなければいけないんか・・・

ページの先頭へ