2009年03月25日

リーダーというのはこういうことだ

今日も昨日のWBCの話題から。
どのチャンネルを見ても侍JAPANの話題で持ちきりだ。
暗い話の多い中、一際明るい話題となった今回のWBC。でも楽勝ばかりじゃなかったと思う。
『勝負は時の運』とはよく言われることだが、プロたる者当然といえば当然だ。結果がすべてのスポーツの世界。まして国を背負っての大会なんだからプレッシャーは相当な物だと思う。個人競技なら自分がダメで済むかも知れないが、団体競技となると話は別だ。
たしかどこかの局のコメンテーターが言っていたが、日本のプロはすべてが高校野球の経験者。トーナメントの怖さを知っているし一人のミスで敗者になることも知っている。だから自分の役割をキッチリこなせるんだとも。予選を通して見ても(送りバント)などの犠打をしていたのは日本だけだったように思う。
つなぎの野球と言われる所以だ。確かに一発は韓国、アメリカ、キューバには敵わないかもしれないが緻密な野球はそんな大まかな野球を凌駕した。そして離しては追いつかれるこんな展開が続いて最後にイチローに回ってくるところが彼の彼たる所以だ。神が舞い降りたと彼は言っていたけれど、彼独特の言い回しで本当に一番苦しんだのはイチロー自身であった事はみんなが分かっている。そこで今回、リーダーたるやってことを考えた。どの野球に限らず団体スポーツには主将(キャプテン)がいる。上手いからなれるわけでもなく皆を統率していく、和を尊ぶ精神で皆を纏め上げていく、そんな人がリーダーとなっていければそこのチームはまとまりのあるチームとなる。団体競技とはいえプロ野球はいわば個人のそれも一癖も二癖もある連中の集まりだ。一つ間違えば個人プレーだといわれかねない世界。それでも目標はみんな一つ。優勝と言うなの元に集まった兵たち。しかも彼らをしてこういわしめた一言。我々が安心して試合に集中できるのも裏方さんたちのおかげだと。スコアラーやトレーナーやその他野球に出ていない人たちの思いが優勝と言う目標に向かって一丸となって勝ち取ったところに価値があると思う。そんな祝賀気分に水を差すわけではないが、今我々の置かれている状況にいったいリーダーシップを示してくれる人はいないのか・・・
折角のメデタイ話題にちゃちゃを入れる気持ちなどさらさら無いが、冷静になった時にふとわが身を振り返って置かれている立場を考えてしまった。しかしなにわともあれ昨日は久しぶりに興奮させてもらった。

ページの先頭へ