2011年01月27日

一般人じゃない会って どんな会?

前にも書いたが、ブログというもの誰でも見ることが出来るから、個人を指したり分かるようなことを書いてはいけないことくらい分かっているが、今回友人からこんな事を言われた。
それはその友人の会社で自分より後から入った人が、自分より早く出世する。よくある話だが、当の本人にしたらおもしろくないのは分かっている。それを自分のブログに書き込んだから騒動が起こった。名前を出さなければいいって言うものではない。読んだ人が分かるような記述があればそれはそのい人を特定できるなら決してよい記述とはいえない。名前を出していなくても、特定できるってことは所謂、「名誉毀損」に相当する。
何故にこんなことを言うかと言うと、自分はそんなに大した事だとは思っていなくても、相手にしたら相当のダメージがあるかもしれないってこと、書いた本人は分かっていない。仮定の話なら勿論の事本当の話であっても個人が分かるようなことを書いてはいけないことくらい子供でも分かるはずだ。
私も一時期、個人が分かる話を書いてしまってその方に迷惑をかけたからこの手の話しには敏感にならざるを得ないわけだ。
そんな話をしていたら、きっとこういわれるのに違いない。
いつもここに登場している悪友達は「あれって オレのことやろ」
とか「アイツの事やろ」とかこんな事は一向にお構いなしだが、一般人を指してはいけない。またこう言うと、「オレたち一般人じゃないのか?」とか「オレたちには人権は無いのか?」とか、絶対に言ってくる。「俺達の中には誹謗中傷やら人権やらは無い。そんな事言っていたら付き合い出来るか」ある奴がこう言った。
皆その言葉に無言で頷いて納得してしまった。こうして我ら一般人でないオヤジの会は今日も始まったのでした。

ページの先頭へ