2011年01月31日

いろんな事があった週末だった。

一夜明けても興奮冷めやらぬ状態が続いています。
見ごたえのあったアジアカップ。90分の死闘も決着がつかず、延長戦へ。たまたま土曜日の深夜、寝るにはもったいない時間、そして尚且つ延長後半に得点するというストーリー。いったい誰が考えたでしょう。今朝の新聞各紙もザックジャパンをたたえる様子が載っていました。レギュラーから控えの選手まで勝つことを信じて疑わない姿勢、選手、スタッフ一丸となって獲った勝ちには大いに誇ってもいいでしょう。試合に出れない選手もいつお呼びがかかってもいいようにモチベーションを上げておく、コレが今回のサムライブルーのように思えました。
さて話は変わりますが、一昨日の晩に前祝と称して友人とお気に入りもレストランに食事に行きました。そこは昔からある洋食屋さんですが、知る人ぞ知る、そんなお店です。
何より仕事が丁寧、サラダのトマトまで湯びきしていたりキュウリの面取りまで、ポタージュスープにいたってはちゃんとコーンの裏ごしスープです。それでいて値段も安くお手頃価格のお店です。
だから地元では絶大の人気店。お客さんもその辺のファミレスでいいってお客さんは来ません。子供にいたっては走り回る子もいないし、周りに迷惑をかける子もいない。親がシッカリ躾けているからかもしれない。
こんなお店はきっと流行に流されない、自分ところ独自のコンセプトを持っているんだと思う。
基本に忠実、尚且つ、その時のTPOに合わせた柔軟性も持ち合わせているように思った。
目先の利益を追い求めるがゆえに、お客さんのことを忘れがちな店が多い中、ここはいつ来て見ても期待を裏切らないそんなお店だ。
自分のお気に入りのお店って、そう考えてみたら何だかそのようなこだわりを持ったお店が多いように思う。でも仕方がないか、拘りだらけのオヤジなんだからって妙に納得してしまった。

ページの先頭へ