2011年02月08日

お泊りじゃありませんよ  早くから来ていま~す

正月からの疲れが出たのか、それとも流行の風邪か、体がだるい。
体調が悪くなると弱い所に影響が出てくる。
昨日も昼から体がだるく膝と足首に鈍痛がしてきて、もしかしてって思ったので最後の患者さんを変更してもらい行きつけの病院まで車を飛ばした。高速に入って暫らくしてその病院に電話をかけて待っててもらうつもりだったが、なかなか電話に出ない。おかしい。
時間まで間に会うか?それとも忙しくて電話に出れないのか。
しまった!!今日は月曜日だった。そこの診療所は月曜日は午前診のみだった。すっかり自分の所と同じだと勝手に決め付けていた。
そうだあそこは月金は午前診だった。でももう遅い。高速に入っているし後戻りできない。そう思ったら一度に力が抜けてしまった。
薬は飲んだし点滴でもしてもらおうと思っていたから、行けないと思ったら急に脱力感が襲ってきた。コレは早く帰って休んだ方がいいと勝手に判断して、そのまま高速をぐるっとひと回りして家に帰った。
夕食もあまり食べたくないから、でも薬を飲むためには少々何かを腹に入れなければならず、テーブルにあったバナナを一本、牛乳を一杯腹に詰め込んで9時には布団に入った。でもこんな時間から寝てしまったらきっと夜中に目が覚めるのは分かっていた。早く寝たからではない。お腹が減って目が覚めた。そして夜中に冷蔵庫をあさっていたらインスタントの惣菜があったので夜中にもかかわらず食べてしまった。これならもう少し起きていて寝たほうがよかったと反省しきり。でももう食べた事には変わりは無い。また薬を飲んで寝たが今度は腹が膨れて眠れない。結局明け方にうつらうつらしていて、夢とも現実ともつかないうちに目が覚めた。でも足はまだ痛い。こんな事で診療に行けるのか?コレが不思議と診療所では痛みが少しマシになる。家にいてるほうが痛い。だったら診療所に早くから行くに越した事はない。で、今日は6時半に来てしまった。
外はまだ暗い。掃除の車も走っていない。でもこうして実際には診療所でパソコンに向かっている。始まりまで一眠りするか。

ページの先頭へ