2011年02月10日

最近の薬は頼りになるなぁ

先週から体調を崩していた。
滅多に薬は飲みたくない自分自身だが、今回ばかりは薬に頼ってしまった。
患者さんには薬は出すが、いざ自分の時にはよほどの事が無いと飲まない。そんなことではいけないのは分かっているが、昔薬疹がでてとても辛い思いをしたから、飲むのが億劫になってしまっている。でも今回はいつもの痛みが二箇所に出てしまったから、マジ飲まざるを得なくなった。
でも薬って本当によく効くようになったと実感した。鎮痛剤だったがマジ効いた。それも1錠飲んだだけで。
しかしこの薬、歯科では適応外の薬。外科や整形ではOKらしいんだが何故にしかではダメなのか分からない。こんなに効くのに。
自分の足の時に整形外科で貰った薬を置いておいてよかったとこのときばかりは喜んだ。
当医院でも薬は出すには出すが、一般の所よりは出さないほうかもしれないでも今回の事があって、ちょっと出そうかと思ったりした。
患者さんによったら、薬を嫌う人もいる。またキッチリ飲まれる患者さんもいる。都合のいい飲み方をされる患者さんもいる。
一度、痛みが強くて鎮痛剤を規定量以上に飲まれて急に体温が下がって救急車のお世話になった患者さんもいた。
やっぱり規定量や、飲み方は守って欲しい。
一番困るのは
出してるのに飲まない患者さんだ。おかしいと思っても飲んでてあまり変化が無い時は、こちらも処方を変えたりするが、飲んでなければ何にもならない。まったく困ったものだ。

ページの先頭へ