2011年02月14日

散々な週末だった

先週、金曜日は建国記念日で祝日だったからどうも曜日の感覚が違ってしまった。
土曜日の日に月曜日のお金を持って行ったり、昼からの予定を間違えたりで散々な日だった。
そして次の日曜日はまた休みだから何だかいつ働いているのか分からなくなってしまった。
それに土曜日に歩きすぎたのか、足がまた痛くなってしまって昨日穿刺してもらったら血が混ざっていた。テーピングで膝をグルグルまきにされてベットに寝かされていた。
それでも何とか松葉杖で歩けるうちはどうにかなるもので車の運転には支障は無いからそのまま帰ってきた。
夜にはおとなしくしているつもりだったが、案の定、お誘いの電話に反応してしまった。
家人からは呆れられるやら、行きつけのファミレスの子には心配されるやら、とんだ週末を過ごしました。
今日は月曜日、また新しい一週間が始まります。足を引きずりながらの診療にはなりますが頑張って行きたいと思っています。

ページの先頭へ