2011年02月19日

何だか気乗りしないんだよなぁ 明日が・・・

最近、体調がもう一つなので薬を飲む回数が増えてきた。
昔、親父が食後に薬を飲むのにオフクロに水を用意させていたのを思い出した。
何故にあんなに毎食後に薬ばかり飲むのか分からなかったが、今ではその親父と同じように毎食後に薬は欠かせなくなった。
友人の中には血圧、肝臓、糖尿、その他の病気を持っている奴がいて、いつものオヤジ会にも常に薬を持ち歩いている。
それが無ければ生きていけないのなら仕方がないが、なるべく薬は飲みたくは無い。でも飲んだら気分がスッキリするとか体調がよくなるというのら飲まない手は無い。
周りにはきっと薬に頼ってて思われているかもしれないが、それが無ければ長生きできないなら仕方がない。
そいつは太く短くが信条の奴だが、やっぱり医者に脅かされてしまえば飲まざるをえない。
食事制限やら軽い運動やら分かっていてもそうは出来ない。体力、気力が段々と衰えてきているのはひしひし分かる。
こんなことを言ったら笑われるかもしれないが自分の身体は自分が一番よく知っている。ましてや医者である我々はその実態を知るのが怖いのも事実だ。患者さんには数値やらで説明するし薬も飲まないといけないわけをちゃんと説明するが、いざ自分とんるとなかなかそうはいかない。
月に一度は血液検査もしているし、摂生、不摂生の分別も分かっているつもりだが、思うようにはいかないのが本当の所だ。
果たして今度の検査の結果はどうだったんだろうか?
その検査結果が明日分かる。今回はちょっと嫌だなぁ。

ページの先頭へ