2011年03月10日

せっかく鎖を解き放たれても もったいないなぁ

昨日友人の家族が海外旅行に行っていて帰国した。
友人は仕事の為に行けなかったといっていたが、飛行機嫌いだからだと思う。それに奥さんと子供さん2人の計三人で韓国旅行だそうだ。
思えば韓国も近くなった。2時間弱で関空からソウルまで行くそうで国内旅行に行くより安くついたとか。確かに北海道や沖縄では時間もそう変わらないし費用に至ってはかえって高くなるらしい。
円高、ウォン安で結構美味しい思いをしたそうだ。
ココの子供さんが大学卒業でそれに東京に就職が決まってもう家族で旅行に行く機会もそう無いからっていう事で家族旅行を企画したらしい。そしてすぐに実行に移ったとか。
何せ始めての韓国旅行、戸惑う所もあったといっていたが、日本人観光客の多い事多い事。どこに言っても日本人観光客がいるといっていた。それに向こうの人は日本語が上手でたいていは通じたとか。食事もたいてい食べれて満足だったとか。
他の友人も韓国はよく行っていて、グルメツアー、ショッピングツアー、エステツアーによく行っていた。
友人に聞いたら、自分が聞いた頃にはもう話しが出来上がっていて、自分の入るスキは無かったとか。オヤジ抜きの女達の海外旅行だそうだ。
そうしたらその友人は天国じゃないかって聞いたらこういわれた。
「こんなに自由な時間が持てたのに何をしてたんか?」
「何にもしてない」
「何でやねん」
「そうかて 留守の時に出歩いてもしょうがない」
「???」
「そうかて 自由な時間は独り占めせな」
「???」
「そら 遊びに行きたいで でも居る時に行かな意味が無い」
「なんやそれ」
「そうかて 不自由な時に遊びに行ってこそやで」
「ふ~ん そういうものか」
「そうやで」
「いや違うと思うで」
「何でやねん」
「そうかてただ遊んでくれる奴がおらんかっただけやろ」
「・・・」
「違うか?」
「バレタか」

ページの先頭へ