2011年03月16日

備えあって 憂い無し

日に日に深刻さを増してきています。
見えない恐怖、原発です。
地震、津波、そして原発。どうしてこうも次々襲ってくるのでしょうか。我々が何か忘れていた事に対する警鐘だという人もいますが、私は困難は次のステップのための大事な過程だと考えています。
昨日、当医院に配達に来る本屋さんの方と話をしていたんですが、
関東地方でこれからいろいろと倒産企業が出てくるとか、出版社は今でも不況なのに遅れや、計画停電などしたらいっぱつでだめになるとか。
何も出版社だけではありません、我々の業界も今まで冬の時代だといわれてきました、大学の定員割れの所もいくつか出てきています。尚且つ、この災害で被災した医院、個人にも何かしら歯科医師会の援助があってしかるべきではないかと思います。
個人の力は微力でも組織として大きな力のになれることを望みます。
あまり悲観ばかりしていてもしかたがありません。
我々には出来る事を一つずつ、やっていけばよいのかも、そして助けを必要とした時には出来るだけ叶えられるように準備しておくつもりです。

ページの先頭へ