2011年03月17日

ついに来てしまった

日航ジャンボの事故、阪神淡路大震災、尼崎の脱線事故、そしてついに今回の東日本大震災にも知り合いが遭遇してしまった。
関西からは遠い地方の話だと思っていたが、知り合いの家族がまだ連絡がつかないでいるらしい。心配でならない。
地震に津波、そして原発。それに今朝のニュースではまた関東地方で鳥インフルエンザが出たとか。もう勘弁して欲しいというのが偽らざる気持ちだ。
でも今回の震災で多くの国や地域から援助の手が差し伸べられているのはありがたい。
日本は今までいろんな国に救助隊やら援助金やらを出してきた。
国連でさえ「今度は我々が日本を助ける番だ」といってくれた。
コレは素直に喜びたい。困ったとはお互い様、「Operation tomodati]と言うアメリカからのメッセージも届いている。この作戦名にいたく感動したと友人は言っていた。ロシアも中国も韓国もみな同じように災害援助を申し出てくれている事には大変ありがたい。その他の多くの国にも地域にも日本国民みんなが感謝している事だろう。それに日本国中で支援の輪が広がりだしている事にはより力強く感じる。
ただこんなときに一部の人が「買占め」や「風評被害」を起こしていると聞く。腹立たしさを超えてなさけなくなってしまう。
どうか冷静な判断と節度ある行動をとって欲しいものだ。

ページの先頭へ