2011年03月18日

こんな時に旅立ちのメッセージではないが 頑張れ!!

昨日友人の子供さんが就職で東京に行くと言って家族で食事会があった。就職できたのも素晴らしいが、この就職難を乗り越えて社会人の仲間入りをする事は大いに喜ばしい事だが、親にしたら何も東京でとか思ってしまうといっていた。どこで働いても一緒だとは思うがこの時期の東京はいろんな面で情報が錯綜していたり、計画停電の実施で親としたら当然心配するのも分かる。
けれどこの困難な時期だからこそ、自分に与えられた仕事をこなし社会人としての役割を果たす事も大事な事だと思う。
見知らぬ土地に送り出す気持ちは分かるが、そんなこといっていたら地方に受験してそこの大学に通よわせるのとのと同様の気持だと思う。
どこにいても連絡が取れて元気に行ってくれればいいし、ココが親離れ、子離れの時期なのかもしれない。
一人暮らしをすれば今までいかに自分が恵まれていたかが分かるというが、そんなこと百も承知だ。若い人の可能性の芽を摘んでやったらイカンと思うし本人の希望を叶えてやれたらそれに越した事はない。まずは社会人になった事をめでたくお祝いしてあげよう。
どんな困難なことがあっても自分には理解してくれる家族がついていてくれる、友人がいてくれる、そして何よりそれを信じる自分がいる事を肝に銘じて頑張ってほしいと思う。

ページの先頭へ