2011年05月14日

信じる者は 救われるってか・・・

昨日、久し振りに会った友人と話が弾んで大いに盛り上がった。
この友人は、また他の友人から紹介された人だが、妙に気が合う。
月イチくらいしか会えないが、なんだか昔から知っているような錯覚を覚えるくらい気が合う。
昨日も本当に久し振りだったが、今年になって足を怪我してから連絡は取りつつも会うチャンスがなかった。それで気を使って見舞い兼喋りの付き合いに来てくれた。
友人の業界も今は不況でしんどいらしい。それはどこともだと言っていたが、その友人の知り合いに今年になって二度も宝くじに当たった人がいたとか。それも100万円も。世の中そんな人もいるんですねぇ。
何でもその人は昔から、紅白の歌じゃないけど「トイレの神様」よろしく、日常から毎日自分でトイレを掃除するんで有名な人だそうです。そうすると今の不況下でも仕事が途切れることなく、一つ終わればまた一つと言うように、必ず入ってくるらしい。
そんなこと信じられるかいって、その友人も暫らく騙されたと思ってトイレ掃除をしていたら、良い事が段々と身の回りで起き始め、逆に怖くなって止めてしまったとか。(何で止めるんねん)
やっぱりこんなことってあるんですね。口では簡単に言っては見たがなかなかマネは出来ないと思います。それを乗り越えたら、そこには幸せが待ているとか。まぁ、俄かには信じられないかもしれませんが、実践した人は皆そういいます。
こうなれば私も実践しないわけにはいきません。ご利益信仰ではないですが、いやご利益信仰でもいいですからよいことが起こるなら実践したいと思います。

ページの先頭へ