2011年05月25日

まだまだ「我慢」が足りんのかなぁ

突然ですが、「我慢」って大事な事だと思います。
肉体的な我慢、精神的な我慢、それらに共通しているのは何か?
「我慢」コレが出来なくなる事は、肉体的にも精神的にも辛い事ですよね。
信じていたことに裏切られる、コレなど精神的ダメージは相当なものだと思います。自分自身の気持ちの中で切れてしまう、これなど「我慢」が出来ない典型でしょう。
子供がオシッコを我慢できなくてお漏らししてしまうのも同じようなもので意識の中で今まで頑張ったのに肉体的に気持ちが切れてしまうものでしょう。
これらはいわばそのバランスだと思うんです。
いくら頑張って我慢していても、それが結果どうしようもない事なら、早く頭を切り替えてしまうのも一つの方法だと思います。
頑張れば望みがかなうなら、頑張り続ける事も一つの方法だと思うし、そこの見際目って難しいと思います。
人を信じることもこれに似ていると思うんです。
自分と考え方が違う人同士、なかなか分かり合えるものではありません。まして知り合って間がない人なら尚更です。
でも昔からの知り合いでも、なかなか分かり合えないのに・・・
自分の中での一つの判断基準があります。
それは「我慢」が出来る奴かどうかです。
その「我慢」が出来ないなら、いくらこちらが言ってもなかなか理解してもらえないし、「我慢」が出来るならきっとこちらの本意は伝わると思います。

ページの先頭へ