2011年07月28日

悪い奴は どこにでもいる

自分では気がつかないことって沢山ある。
最近、周りの人のことがよく見えるようになってきた。
人それぞれ、いろんな思いがあるが、仲間友達の大事さがひしひし分かるようになってきた。
こんな人もいる。その人は介護や福祉に従事している方だが、我々が思っている以上に3Kどころか4Kも5Kもあるキツイ仕事だ。
お金のためだけではやっていけない。でもお金が無いとまたやっていけない仕事だ。
身内の者が出来る、するのは当たり前だが、そこはつい身内と言う壁がある。第三者だから、お金を貰っているからこそ、仕事だからこそやっていけるものもある。
それをとやかく言うつもりはない。出来る人が出来る事をやる、それもまたしかり。
最近は何処の施設も満員状態、家で介護が出来ない所が多い。
お金さえ出せばやってもらえるとも限らない。
そこには並大抵ではない努力と忍耐とが必要な事は重々わかっている。
そこに勤めている方は本当の意味でもっと待遇改善されてもいいと思う。いや、されなければならないと思う。
民間であれ公立であれ若干の違いはあれど、患者さんに違いはない。その患者さんをお世話できる環境はまだまだ十分とはいえない。
私は「介護ビジネス」と言う言葉は嫌いだ。確かにそこにお金が発生するし、そこからまた新しい仕事に発展する事もあるが、「介護ビジネス」と割り切ってしまう事に抵抗を感じる。
ドクター、看護師、ヘルパー、管理栄養士、それに事務方の人たちが、チームワークよろしく患者さんを診ていくこと。大事な事だと思う。
なのにそれを食い物にしている悪徳な経営者が後を絶たない。
純粋にその人たちに、患者さんたちに向き合えば、悪さをする事など出来ないはずなのに。一部でそんなことを聞いて愕然とした。
世の中には悪い奴らもいるものだ。

ページの先頭へ