2011年08月08日

真夏のミステリーなのかもしれない

今朝早くに、といってもいつもより15分ほど早く診療所に着いた。
モータープールはまだ開いていないから、ビルの下に車を止めて荷物を診療所に運んだりしていた。窓の外に何だか人だかりがあった。
気にせずにいたがしばらくして外がざわついたので、窓の外をのぞいてみた。するとどうでしょう、ビルの外側に並んでいた自転車が全て反対向きにひっくり返っていた。それも並んでいた自転車全てが。見事なくらい揃って自転車がひっくり返った姿は異様なものだった。一台ならまだしも十数台ともなればこれは単なる悪戯か?はたまた酔っ払いが面白半分にやったのか?
嘗て我が家の向かいに中学校があって、一時、悪たれ坊主がいた頃に自転車のサドルだけを取って、横に山済みにしてあったことがあった。それを取られた自転車の持ち主が自分の自転車を探すといった光景が見られた。どちらにせよ悪ふざけもココまで行ったら怒るに怒れない。一列に並んだ自転車のサドルだけが取り外された姿を想像してみてください、それは異様な光景です。なにか花だけ切り取られたような光景っておかしくありませんか?
それに匹敵するようなさかさまな光景、誰が見たってこれはおかしいでしょう。何かのオブジェかと見間違う?そんなことは無いにしても一人でこれをやったなら相当な時間と労力、それに通行人も何人も見ていたはず、真夏の世のミステリーだったのかもしれない。
でも、よ~やるよなぁ、こんなに暑いのに、他にやることがないんかい。

ページの先頭へ