2011年08月17日

五十数年も使えばガタもくるしなぁ

お盆休みは14日~16日だったはずなのに、急遽12日も13日も休みになってしまった。休みと言っても体調不良で患者さんには迷惑をかけてしまった。夏風邪かもしれないが、そのたびに足が痛んで病院通いだ。たまたま行きつけの病院はお盆の間も診療していて助かった。一泊二日の養生もさせてもらった。毎日の点滴のおかげで体調は段々とよくなってくるのが分かる。毎回の事で呆れられているかもしれない。でもこんな身体でもそのつどパワーをチャージできるから持っているのかもしれない。
でも最近になってからだのバッテリーがいう事を聞かなくなってきている。フルチャージ出来ていない。それに連れて心のバッテリーもなかなかフルチャージ出来ていない。
そろそろ交換時期なのかもしれない。車で言えば車検のたびにチェックしているはずだが、身体と心の方は自分自身で替え時を見極めないといけない。オイル交換のように何千キロで交換だと分かっていればいいが、使い方やストレスの多い場合、早めの交換が必要だ。
昨今、様々なことがストレスになってきているから昔のように無理がきかなくなっている。タイヤの溝もそろそろ無くなってきている。
車なら、新車に乗り換えも出来るだろうが自分の身体だ、そう簡単には乗り換え出来ない。だから大事に扱ってやらねば。
一度車検よろしくドックに入って各パーツを点検してもらおうか?
こびりついた油もとって綺麗にしてもらおうか?磨り減った所は新しいものに交換できればしてもらおうか?
突然、走行中に「プシュー」といかないまでにも十分なケアが必要だと思った。

ページの先頭へ