2011年09月12日

気力、体力 パワーを頂いた

昨日、久しぶりに吉野山にお参りに行った。
台風の影響を心配していたが、本山の屋根の一部が傷んだだけだったときいてホッとした。
ただ、本宮の方面の信者さんもたくさんいて心配は尽きない。
今回は脳天さん横の地蔵さんの中にある「白天大神」にお参りに行った。
箕面の先生のところに土曜日にお参りに行った時に今回の場所を教えてもらった。何でもその先生の親先生が夢の中に出てこられた神様の教えとしてココを指示されたとか。でもその場所はいつもお参りに行く通り道にあって、でも滅多にお参りをしない場所。何故急にそこを教えてもらったのかは分からないが、鳥居と中の御社を新しくするように言われたとおっしゃった。不思議だけれど何かのお知らせなのかもしれない。
神様ごとに??は付きもの。不思議だけれど疑ってはいけない。
そういうものだから。でもそのおかげでいろんな事を教えてもらっている。ありがたいことだ。
科学が進歩していても、その科学では答えを見つけられないことがある。その際にもいろんな事を教えてもらって今日がある。いいことも、悪いことも。
だからああだこうだと疑ってはいけない。そのまんま信じていけば良い方向に導いていただける。別にへんな宗教にはまっているわけではない。修験道のお膝元、吉野山の神秘にチョットはまっているだけである。言葉では説明できないのがもどかしい。
簡単に言えば日常社会から非日常社会に入り込んで、チョットだけパワーを貰ったみたいなものだ。そういえば分かっていただけるか。今はやりのパワースポットみたいなものだ。それも1300年も続いているから不思議なものだ。

ページの先頭へ