2011年09月26日

ある高速道路での光景

久しぶりの三連休も無事?に済み、新たな気持ちで月曜日を向かえると思ったら、週末はもう10月になっているではないか。
絶好の行楽日和だったこの連休、皆さんはどこか行かれましたか?
高速はひどい渋滞だとは聞いていましたが、行楽渋滞ではなくて私は事故渋滞に巻き込まれてしまいました。
土曜日のお昼、大阪と奈良を結ぶ南阪奈道路と言う高速での事故。
実はその真っ只中にいました。
普段なら阪和自動車道から南阪奈自動車道に入って約5分ほどで羽曳野出口に着くのですが、これがなんと1時間半ほどかかりました。
その先でトラック2台と乗用車の衝突事故。起こりたての事故だったんでしょう、全車両この出口から出る事になったからさあ大変。側道から入ってくる車両もあいまって出口は超混雑状態でした。
こんなとき、人ってでますよねぁ。出口に並んで順序よく1台1台出て行けばいいものを、我先に出ようとするからよけいな時間がかかってしまい、その上危険この上ない状態が続いていました。
《そんなに急いで何処得行く》
割り込ませまいと前の車にピタっとくっつく車。遠慮してか前を開けるから2~3台纏めて入ってしまう車。
こんなときってその性格がモロ分かり。自分はどっちだかはっきりと分かりました。
考えてみたら高速道路に入ってしまえば出口しか降りる所はありません。路肩走行する車、ピタっと幅寄せしてくる車。こんなことはマナー違反だと分かっているのに平気で窓からゴミを捨ててくる車。様々な人間模様を見た高速渋滞でした。

ページの先頭へ