2011年10月06日

お得な店だからかなぁ

昨日友人達との食事会。
お気に入りのお店が閉店して、行き場所を無くした我々だったが、同じ場所で今度オープンしたお店が、連日の大繁盛店に。
前の店が麺類のお店だった、今度のお店は粉モン(お好み焼きや焼きそば)のお店だ。
大阪は粉モン文化とよく言われるが、栄枯盛衰、入れ替わりがメッチャはやい。簡単に出来るからすぐにオープンしてしまう。
大阪人にとって粉モンは文化ではなく日常の身体の一部のようなものだ。
よく言われるが、お好み焼きや、焼きそばと一緒にご飯が食べれる。これが他県民には理解してもらえない。でも小さい頃から食べている我々大阪庶民は当たり前のように食べていて違和感が無い。
その店なんとバイキングがあった。お好み焼き、焼きそばのバイキングではなく、「ごはんバイキング」なるものだった。
ご飯と味噌汁は何倍でもおかわりOK。そんなことをしたらお好み焼きや、焼きそばが売れない?と思ったが、ちゃんとサイドメニューにはからあげ、ギョウザその他の居酒屋メニューまであった。
これなら満腹間違いなし。
最近チョットだけハマってしまった店になっている。
B級グルメとかで各地方のソウルフードが流行っている。大阪人は必ずも「モト」を取って帰る人種。値段も安いし、メニューも豊富。
これは新装開店だから流行っているのではなく、大阪人の「ツボ」にはまった店だからだと思う。

ページの先頭へ