2011年10月11日

変化があるときに行ってみたくなるお店

この三連休は天候にも恵まれ、絶好の行楽日和だった。
でも行楽に行くでもなく、平々凡々な休日を過ごした。
この平凡な休みをどれだけ待ち望んでいた事か。
美味しいものを食べて、ゆっくり過ごす。当たり前のことが出来ていなかった今までを振り返り、これからはこうありたいと思いつつ、目の前に出されたご馳走を、どれから頂こうかと思案しつつ迷っている所で目が覚めた。なんと切ない夢か。
でもこれも正夢と思いつつ、お気に入りの鰻屋さんに行った。
ココのお店は特別なお店で、何か良い事があったり、気分一新これから頑張るぞって言う時に行くお店。
見事なくらいに掃除されたお店で、床はピカピカ、それこそ姿が映るほどに磨き上げられたお店。看板娘は顔がちっちゃくて別嬪さん。愛想が良くて感じの良い娘さん。
お味の方はこれまた今までで最高の出来。お値段はそこそこするが
ココ一の時には奮発してでも行く価値があるお店。そして気分転換かどうかわからないが急に行ってみたくなった。何かしら変化が起こりそうな予感。吉と出るか凶と出るか?

ページの先頭へ