2011年10月12日

人生って歳を取るより経験の差かな・・・

このところ昼と夜の気温差で風をひいている人の多いこと。
ついにそういっている私もチョット風邪気味。私の場合、弱っているとことにすぐに来る。そう、足に。やっと少しはマシになったと思ったらまたまた心配の種は尽きない。
昨日久し振りに後輩とお茶した。彼とはひと回り以上も年齢差があるが、考え方は私よりずっとシッカリしている。それだけいろいろな修羅場をくぐってきているのがわかる。
調子の良い時には人は集まってくるが、その反対の時には人は潮の引くがごとく散って行く。本当にそうだと思う。
困ったときにこそその人にとって、必要な人か必要でない人かが分かる。自分にとって付き合ってはいけない人、そういう人にもはっきりといえるという事は凄い事だ。なかなかいえないのが実情。それでも彼ははっきりといってきたという。恨まれる事もあるだろうし、でも恨まれても自分の信じたやり方でやりぬくことが素晴らしい。大いに参考になった。一緒にいた友人もこの後輩の迫力には圧倒されていた。絶対にひと回り以上も歳下とは思えないといっていた。
その後輩にこうも言われた。
「先生は何でも人を信用しすぎですよ」って。そういわれたらそうかもしれない。ココで今までの行き方を変えることは出来ないが、少しならその忠告をありがたく聞くことが出来る歳になったと思う。

ページの先頭へ