2012年02月17日

新規開拓のお店 その結果は・・・

最近、診療所の近所にまた新しいお店が出来た。
前を度々通っていたが、昼時にもかかわらずあまり人が入っているようには見えなかったから、なかなか入りずらかった。
今週の始めいつものお気に入りのお蕎麦屋さんに行った時ちょうど何かの団体さんかで満席状態だったから、時間をずらしてもう一度後から来ようかと思った矢先にその新しい店のドアが開いて、そこのお店の方が出てきて一瞬目が合ってしまった。
初対面にも係らずちょこっと挨拶をしてくれたので、惹かれる様にその店へと入っていった。
昼間のランチタイムが終わったのか店内には人はいなかったが、「まだいけますか?」と声をかけると「どうぞ」と言う声に店に入った。
まだあまり知られていないのか店主さんらしき人からも声をかけられた。
「まだ営業中ですから御気がねなくどうぞ」
「たまに前を通っていたんですが、なかなか入る勇気が無くてね」
「そんなの気を使わずに入ってきてくださいよ」
「そうですね」
「まだ開店して間がないんで、お客さんが少ないんですよ」
「そうでしたか」
「何しましょう?」
「何がお勧めですか?」
「ウチはおでんと串かつなんで」
「う~ん 迷ってしまうなぁ」
「それなら一度 自慢のおでんなんか如何ですか」
「そうしたらそれを頂きましょう」
そんな会話から始まった。
いろんな話をしながらこの近辺の話になって、ああだこうだと話しが弾んで、またきますといって店を後にした。
私にとってはお初のお店はなかなか敷居が高くて入り辛いところではあるが、何かしら引き寄せられるように入っていった店と言うのは、振り返って見ると何となくではあるがお気に入りのお店になることが多い。
味、店の雰囲気、お値段、そして何よりそこの方の魅力に惹かれる癖がある。
幾つも新しく店は出来るが出来てはつぶれの繰り返し、診療所の周りにはそんな店が多かったように思う。
さて今度の店はどんな具合になるんだろうか?

ページの先頭へ