2012年05月28日

昔の思い出って 今考えたらムチャクチャやったんだなぁ

この週末はいろいろとやることが多くて、あっという間に過ぎてしまいました。
入梅前だからか、一日一日コロコロと気候が変わり体調の管理が難しいですが、最近は休みの日をより充実したものにしたいと考えております。
先週末、ある人とこんな会話をすることがありました。
「先生 最近キタやミナミに出てはりますか?」
「いや 全然出てないなぁ」
「そらあきませんで 出てきて夜の空気を吸わんと」
「変わったやろうなぁ」
「ぜんぜん 変わってしまって訳が分かりませんわ」
「そうですか、変わりましたか」
「一度今度ご一緒に如何ですか?」
「是非その時はご一緒に」
確かこういった内容のない会話だったように思います。
ここのキタ、ミナミはキタは梅田あたりから新地あたりで、ミナミは難波から心斎橋あたりを指しています。所謂飲み屋街、歓楽街のっことです。
チョット行かない間に店もドンドン変わっていって、久し振りどころか全く新しい街に変わってしまっています。
それに昔に比べて若い子たちの街になっているようにも思えてなかなか足が進みません。
同伴、アフターなど当たり前のお店も最近ではオールで開けていて面白みが半減したと連れは言っていました。
口座の女の子が集金に回ってきて、居留守を使ったり、それこそ店を借り切ってのドンチャン騒ぎなど今考えたらムチャクチャした時代もありました。人が入りすぎて我々がカウンターの中に入ってお酒を作ったり、朝にそこから出勤なんて事も多々ありました。
何だかそんなことを考えたら懐かしいような、バカな事をやっていたような複雑な気分になりました。

ページの先頭へ