2012年08月02日

天知る 地知る 我知る 人知る

昔からの知り合いに、口の上手い奴がいる。
コイツも話は半分に聞いていてちょうどいいくらいだ。
暫らくぶりで連絡があった。何かと今まで迷惑のかけられっぱなしの奴だ。
そいつが心を入れ替えて今までの事を謝罪したいと言ってきた。
でも何度も今度こそ、今度こそと言っては騙され続けてきた奴だから、まともに信用出来ないでいる。
でも、今回ばかりは自分のおしりに火がついていて、どうしようもなくなって泣きついてきた。
罪を怨んで、人を怨まじ。でもコイツの場合は逆で、人を怨んで、罪を怨まじな奴だから、真剣に信用できない。
しかし人は追い詰められると本心が出るようで、今までのいろんな事を喋りだして、表面上は改心しているようにも見える。
でももう遅い。サイは投げられた。後はちゃんと悔い改めるかどうかで決まる。まぁそいつ一人が悪者ではない。周りの連中も同罪である。いろんな事が表面に現れてくるからコレからが楽しみだ。
助けを求められたら、助けもしよう。でも最後のチャンスを自ら逃してはどうしようもない。
まだチャンスはあるから、早い目に修正したほうがいいのかもしれないって思ったりする。
お天道様はちゃんとお見通しってことだ。

ページの先頭へ