2012年08月30日

今日はタクシーの当たり日なのかもしれない

いよいよ明日にギブスの交換?半分にしてもらえるか?
午前中は休診にさせてもらうのですが、昼からは診療をしています。
前にも書きましたが、ちょうど1週間前に先輩の診療所でレントゲンを撮ってもらったら、まだ骨折線が見えているとのこと、もう少しギブスが必要との先輩の判断だったが、こちらとしては不自由この上ないこの大きな代物を一日も早く半分にしてもらいたいのを強く担当の先生にお願いするつもりです。
全部外すのは私としては非常に怖いし、そうかといってこの不自由さをこれ以上続けるのも辛いし。
まぁどっちにせよ、明日のレントゲンの結果次第です。
それを見越してか後輩が明日、家まで迎えに来てくれるとか。
コレもありがたいことだが、後が怖いのには変わりがない。
もう一日この不便な代物とお付き合いをして、明日に大いに期待をかけたいと思う。
今朝も迎えのタクシーの運転手さんと話をしながら来ていたら、突然無線が入った。
何でも東海道線が車両故障で遅れているとか。こんなときは大阪駅が人で溢れタクシー街の長い列が出来るとか。
私を下ろしたらすぐさま大阪駅に直行だそうだ。
雨が降ったり車両事故や何かがあった時はタクシーの需要が高まり運転手さん曰く、人の不幸に便乗するのはどうかと思うが、生活に代えれませんから。

ページの先頭へ