2012年12月13日

安けりゃいいのか? いいんです・・・

私の友人にタバコ屋をやっているのがいます。
アレはあれでなかなかオイシイ商売だと言っていました。しかし段々と喫煙が「悪」のように報じられて喫煙者の皆さんは肩身が狭い思いをしているみたいです。タバコの自動販売機にしても時間が過ぎれば販売できないようになっていたり年齢証明みたいなのが必要なものまであります。我々の頃は200円もあればタバコが買えた時代です。今は1個400円以上するから喫煙者の人は痛い出費です。
またそいつの店先には飲み物の自販機があってこれも結構な儲けになるそうです。
でも、最近近所に同じような自販機が出来てなかなか売上が伸びないと言っていました。それに輪をかけてまたまた新手の自販機が出てきたんだそうです。それは格安の飲み物の入っている自販機です。普通の自販機の飲み物の値段はだいたい一つ120円くらいですが、なんとその自販機の飲み物の値段は50円からだそうです。
ここまでデフレが進んでいるとは、そのせいか最近の売上がグッと減ったらしいです。そりゃメーカー品かどうかで倍以上も値段が違えば辻一つ向こうにある安いほうを買うのが当たり前になってきました。どうやらここの近所はそっちの安いほうに買いに行く人が増えたみたいです。
だからその友人も頭が痛いといっていました。自販機はメーカーが貸し出しているから中は勝手に替えられないといっているし、そうかといってこのまま何もしないではやっていけないといっているし、どうしたものかと思案しているようです。
しかし本音は安い自販機が流行るのもわかると言っていました。
何でわかるかって?それはそいつも自分の所の自販機で買わないで安いほうの自販機で買っているからなんだそうです。
オイオイお前もか、それでは世の中お金が回らないのも分かるような気がします。

ページの先頭へ