2012年12月17日

嵐が去って終わりではない コレからが大事だ

昨日の総選挙、事前の予想以上の自民党の圧勝、いや歴史的民主党の敗北。
投票率の低下は天気のせいでも事前に自民党が勝つであろうと言う予想に乗っかって投票に行かなかった人が多いとか。
でも自分の大事な一票はこれからの暮らしに役立てるためにも行かなければならないと思い駆け込みで行ってきた。
我々歯科医師会もその時の政権与党に応援ばかりしているが
そんなことばかりしていたらポリシーがないというか、節操がないというか、そんな組織だと思われかねない。
選挙演説を今一度思い出して欲しい。きっとあと一週間もすればまた自民党の新しい閣僚の顔ぶれが新聞やマスコミを賑わすことだろう。
財政も社会保障も外交防衛も待った無しだ。景気がよくなることを期待して自民党に入れた人が何人いるだろう。それより第三極だといってもてはやされた新しい維新には多くは期待しないが一党独裁にならないようにシッカリと監視してもらいたい。
「風が吹けば、桶屋が儲かる」式ではないが、回りまわって本当にこの国がよくなるのなら増税も皆が納得するんじゃないか。
「人生万事 塞翁が馬」ならオセロゲームと一緒だ。
本当に安全で幸せな暮らしを作ってくれるのならどこの党が政権を取ってくれてもいい。あんなすばらしい公約を言った口が暫らく経ってから何もしないのなら、本当にこの国の将来は明るいくならないような気がする。
ある人がこうも言った。
「国力も幸福もモロ刃の剣だ 軍事力を増して国力を増したとは言わない。貧しくても人々の暮らしが幸福ならいいとも言わない。
この国は世界から注目されている。あの大震災からも着実に復興してきている、それは世界中が注目して見ている。日本人一人ひとりのこの国を思う気持ちが一つになれるよう新しい政権与党には肝に銘じて欲しいものだ」本当にそう思う。

ページの先頭へ