2012年12月18日

コレからが試されるって事を肝に銘じよう

選挙から一日が経って「兵度もが夢のあと」状態だ。
我々の悪い癖だが本当の所はコレからが大事なんだが、ともすれば選挙が終われば全て終わりと言う風潮があるように思う。
コレって大学に入るまでは一生懸命勉強するが、入ったらそれでおしまいと似ている気がしてならない。
そこまでいくのが目的ではない。そこからが大事だ。皆分かっていてもついついそれを忘れてしまう。
勝った自民党も負けた民主党も躍進した第三極の維新の会もこれから国民の厳しい目にさらされることになる。
確かに民主主義では多数決によって何事も決められる。しかし多数決だけでは決めれない事だってたくさんある。
誰だって増税はしてほしくない、国を守るための軍備などは持ちたくも無い。原子力だってそれに代わるものがあれば、誰だって安全なほうが良いに決まっている。
党利党略な事には国民はもううんざりしている。その結果が投票率にも現れている。
無党派と言われる人たちがひとたび立ち上がれば大きな力になることは誰もがわかっているがそれをしない若者が多い。
自分達で世の中を代えていこうと言う気力さえ無いように思う。
選挙に行ったが自分の支持政党が負けたのなら文句も言えようが
選挙に行かない者がとやかく言うのは全くもって本末転倒だ。
今度は来年夏に参議院選挙がある。そこで我々の民意と言うものが試される。
誰でも信教の自由、言論の自由は憲法で保障されている。だからその権利を自ら捨ててああだこうだ言うのはおかしい。
いざ震災や何かが起こった時はそれこそ皆が助け合うこの国が、自分達で代えていこうとする権利を自ら放棄するとは全くもって不思議な国だと世界中が注目してみている。

ページの先頭へ