2013年01月07日

新年初日の患者さん おめでとうございます

今日から診療開始だ。
朝、早めに来て準備していたら暮れに残していた模型を途中で終わってしまっていたのを思い出していくつか作り出したら時間の立つのを忘れてしまい、出来上がったのが始業直前になってしまった。
あれやこれやと準備不足が露見して慌てて仕事に取り掛かった。
新年一番乗りの患者さんは正月にもちを食べて入れ歯が浮き上がって、そのまま噛んだら金属(クラスプ)が折れてしまったと言う患者さん。何とか修理はしたものの新しくクラスプの慎重のための印象をとった。
まぁお餅やガムはダメですよと言っても、そこはお正月、やっぱり食べたい。
でも浮き上がって噛んだ時にクラスプが折れたくらいでまだ良かった。いつぞやはクラスプが歯ぐきに刺さってしまって、血まみれで来られた患者さんもいた。
初日の今日は脱離や、腫れてこられる患者さんが多い。毎年の事だが、正月のおいしいおせち料理も食べれなくなると台無しになってしまう。
何年か前の話で同じ支部の先生のところで、入れ歯とお餅と一緒に食べてしまった患者さんがいたとか。その後はいったいどうなったのか他人事には思えない。
お持ちを喉に詰まらせてしまって、何人かは毎年亡くなっている。
入れ歯を飲み込んだなんてそんなことはあるはずが無いといっても、いや一つ間違えば起こりうる話だ。
昼からの患者さんでもう10年どころかもっと久し振りの患者さんが来られる。確かに海外に仕事で行かれたと聞いていたが、帰ってこられたんだろうか?前に来られたときも一時帰国だったように思う。
定期健診だといいのだが、何かのトラブルならちょっと心配。

ページの先頭へ