2013年02月13日

嫌な予感が的中しそう

昨日の夜はしとしと雨が降っていた。
風呂に入って早めに休もうとしていたら家の電話がなった。
知り合いの人からだった。家人が出て話を聞いたら昨日より歯が痛くて薬を飲んでも効かないとのこと。嫌~な予感がした。
案の定その時間から診療所に行って治療する事になった。
別に行くのが嫌ではない、前回に治療に来られた時に、必ず続けて来てくださいって念を押したのに、何だかんだと理由を見つけては来なかった患者さんだ。
私の所は自宅開業ではない、それ故、深夜のオフィス街は歩いている人の数もめっきりと少ない。そんな夜中に近い時間に出て行くのは患者さんも大変だと思うから、1日待てないかと聞くまもなく家人から「行ってあげて」と言われてしまった。
家から高速を使えばこの時間15分もあれば診療所に着く。しかしパーキングから雨の中を歩いていかないといけない。路駐も考えたがもし何かあってはと思いパーキングに入れて診療所に入った。
切開して、排膿させて洗浄して、投薬で終わりだが、準備と後片付けの方が時間がかかった。
そして家まで送り届けて自宅に帰ったら日が変り掛けていた。寒い雨の中を深夜に出かけていったら案の定朝に身体の節々が痛い。
風邪?一瞬、嫌な予感がしたが何とか仕事に出てこれている。
しかし節々の痛みは消えない、コレで今日一日もって欲しい。

ページの先頭へ