2013年03月04日

最近の市販薬ってよ~く効くんだなぁ

一昨日よりクシャミと鼻水が止まらない。
咳も出ている、コレは3年前の花粉症の症状と似ている。
インフルエンザも流行っているが検査の結果はインフルエンザではなかった。行きつけの院長も「花粉症やな」で片付けられてしまった。
車の運転中もクシャミが止まらず、前方の注意が散漫になってしまい危ない状態だ。何度も鼻をかむから鼻の周りがヒリヒリしている。こんな状態なら今日の診療は患者さんに迷惑をかけると思い、薬局で久し振りに薬を買った。滅多な事では薬局で薬なんか買わない私が買うんだから、コレはよっぽどの事だと自分自身でも驚いている。
でもさすがに市販薬も優れていて一回飲んだだけでクシャミも鼻水も止まってしまった。
ただ目の周りのモヤモヤは少々残ってはいるがこのくらいは我慢できる範囲か?
いろんな薬があちらこちらのメーカーから出ていて迷ってしまう。
しかし最近は薬剤師の常駐の薬局が多く出来ていて丁寧に説明してくれるから非常に便利になった。
病院で貰う薬ばかり使用していたからあまり市販薬には縁が無かったがこんなに効くものとは思いもしなかった。
そりゃ患者さんが医者離れをするはずだとも思った。
いつもすぐに体調を崩せばかかかりつけの先生のところで点滴をしてもらうのが当たり前になってしまっているから、こうして市販薬のお世話になることがどちらがいいかは分からないが、たまにはこうして違った方法もいいのかもしれないと思った。
でもこんなに薬の種類があれば患者さんはきっと迷ってしまうんじゃないかとも思った。

ページの先頭へ