2013年03月07日

気になっていたことを 書いてみた

昨日の話に似たようなことだが、最近自分の事しか考えない奴が多いように思う。
自分さえ良ければ、自分の家族、周りさえ良ければ他人はどうなっても知らん振りと言うのが多くなってきた。
こんなことを言えばお叱りを受けるかもしれないが、あえて言わせてもらうが、何処かの国等はいい例である。
国民性かもしれないと言っていられないようになってきた。
昨日は朝から「オナラ」の話で尾篭ではあったが全く持って同じことだと思う。
大気汚染で出たPM2.5など途上国だから出ても仕方がないという論理、また一部ではGDP世界第二位と言う自負。全くこんな国とまともに相手していたんではこちらの方がまいってしまう。
こういう国だから貧富の差も出て当然、自分の周りさえ良ければそれで良いと言う考えに何故なったのか?
お釈迦様でも孔子や老子の教えでもこんな事は無いと思う。
日本人は「お人よし」な国民だと思われている。だから何も言わないのは、何も言えないと勘違いしているようだ。
私はそれこそ「右でも左でもない」と思っているが、あまりに舐められたのなら、国民は黙っていないと思う。
世界で一番信頼されている国は日本であった。あったとは今はどうか知らないが、私がまだ若かった頃はあの敗戦から立ち直った事自体が世界中から驚異の目で見られた。
ただ今ではそのイメージが「侍、芸者、忍者」から「車、精密機械、」そして今では「マンガ、コスプレ、オタク」なんと変わってしまったものかと、これって世界に誇れるものなのか?
この先、時代と共にどう変わっていくんだろうか。チョット心配。

ページの先頭へ