2013年08月12日

賭けにもならんと怒られた

今日からお盆休みと言うところもあり、今週はゆっくり出来るかもしれない。
その代わり当医院のように、13,14,15日だけと言うところも結構ある。
昨日いつものように先輩の診療所に行ってリハビリと点滴をしてもらうことになった。その前に看護師から院長先生がお話しがあるといっていた。
ココでは滅多にい院長と話をすることが無い。いつも待合室をスルーしてリハビリルームから点滴の部屋に抜けるから院長のいる診察室は素通りだからだ。
何かと思ったら先週に血液検査をしてもらったその結果についてだった。
どうせろくな数値は出ていないのは分かっていたから、よっぽど院長の話もスルーしてやろうと思ったが何でも最新式の器械が入ったからそれを使うから来いと言っているらしく、看護師がやたら薦めるので仕方なく検査の部屋に入って待っていた。
そこに院長先生が入ってきて「オマエ 死にたいんか?」といきなり言ってきた。
何でも数値がべら棒に高くて、いったい何を食ったのか?と聞いてきた。
それで検査の2~3日前に後輩達と中華のバイキングと焼肉の食べ放題に行った事を伝えた。
すると院長先生から「そらしゃぁないな、この数値なら」と言って部屋を出て行った。
あとで看護師に聞いたら中性脂肪の数値がもうすぐ4桁ですって。
4桁という事はいったいいくらか?聞いてみた。
初めて目にする数値だった。体重もマックス、数値もマックス、コレでは今までの薬ではダメという事になって新しい薬を点滴に入れてもらう事になった。
それに最新式の血管年齢を測定する機械も入っていてそれを使うことになった。技師や看護師が見守る中モルモットの私はその診察台の中にいた。実際の年齢近くなら問題が無いらしい。勿論それより若いに越した事は無い。
どうやら技師やレントゲン技師や看護師の中で私の数値の賭けが始まっているらしい。何と不謹慎な。それも言い出したのは院長だった。で、結果は実年齢より2歳上だった。すると今まで周りにいた連中があっという間にいなくなった。
「オマエの年齢より5歳以上老けたほうに賭けていたのに」と院長に言われた。そこで誰がいったい勝ったのか聞いてみた。すると意外な答えが返ってきた。
「今回は総返しや」コレって誰も私の実年齢より若い方に賭けた人がいないという事か?ちょっと失礼じゃあ~りませんか。

ページの先頭へ