2013年08月15日

目に見えない力が働いているに違いない

このお盆休みにあった不思議な体験。
まずは休み初日に買い物を頼まれて車で出かけた。
いつも通っている道で前方に赤帽トラックが走っていた。
走行車線を走ったり、追い越し車線に入ったり、後ろを走っているから何か酔っ払いか携帯でもイジリながら運転しているのかと思った。
いっそ危ないから追い越そうと思ったが行く方向行く方向にその軽トラックが寄ってくる。仕方が無いからゆっくり走っていたら後ろからの車に追い越された。「しまった」と思った次の瞬間、前方に傍を持った警官が出てきた。「ネズミ捕り」だった。危うく引っかかってしまう所だった。こんなところで「ネズミ捕り」をやるか?と言う場所。しかしその軽トラックのおかげで難を逃れた。
昨日も買い物に近所のスーパーに行って買い物をして約10分くらいで出てきたら、私の車が異常に明るくライトに照らされていた。
すぐに行った所駐車違反の取締りの警官が今まさにキップを切ろうとしていたところだった。「すんません すぐに移動します」そういって車を移動したらこれまた助かった。
でもよく考えてみたら夜の八時半、尚且つ路上のパーキングの前、お金を入れようにももう電気が消えていて入らない。
確かそんな場合はしこに駐車しても大丈夫だと以前同じ場所で警官に言われた事がある。だから8時以降はパーキングメーターのランプが消えてからは堂々とそこに停めていた。
前の警官は停めてもよいと言い、今回の警官は駐車違反だという。
でも結局は駐車違反は免れた。
お盆の間にいろんな事が起こったがこれまた何とか助かるという事はご先祖様の何か目に見えない力で助けてもらっているんだろと思わざるを得ない出来事があった。

ページの先頭へ