2013年08月20日

こんなところにも『エコ』があったとは・・・

今週はお盆休みの影響かアポがつまり気味だ。
いつもの事だが、アポはあって無いようなものと言ってしまえばそれまでだが、なかなかちゃんとアポ通りに来てもらえることが少ない。
特にお年よりは時間に余裕があるというか、ありすぎて予約時間の1時間前から来られる方もいる。
コチラも待たせてはいけないからなるべく時間があればすぐに診させてもらうが、それが当たり前になってしまったら、何のためのアポか分からなくなってしまう。外気温38度くらいあれば診療所に入った途端汗が引くようで暫らく待合室で涼んでもらってから診察室に入ってもらう。
当医院では待合室が一番涼しい。エアコンの吹き出し口が待合室全体に行き渡っているからだ。
診察室はと言うと代診の先生が使うチェアーはまだいい、エアコンの風が届く範囲にあるからだ。しかし私の使うチェアーはと言うとちょうど室内の吹き出し口の死角になっていて誰かが通ったら微かに風が来る。だから横のチェアーにサーキュレーターを昨年に付けた。そのおかげで今年はまだその風を受けることが出来て気持ちよく診療が出来る。
しかし難もある。それはエンド時には昔はガスバーナーだったが今はアルコールランプを使用するのでいちいちそのつどスイッチを切らないといけない。切らなくても使えるが風が火を直撃するから消えたり炎がゆらゆらとして手で壁を作らないといけないからだ。
使い勝手がすこぶる悪い。でも嘗ては患者さんがいようがいまいがガスを点けっぱなしでいたから結構ガス代がかかっていた。
今はアルコールランプだから患者さんがいる時だけ、いやエンド治療をする時だけに使用している。コレは大きな経費削減になっている。
またコップの水も今までは8分目くらいにセットしていたのを半分強にしたらおそらく水の節約にもなっていると思う。
コレはケチではないエコだ。そう信じて今日も診療に勤しんでいる。

ページの先頭へ