2013年08月27日

その場にいたらきっと驚いたであろう・・・

この前の日曜日、大阪地方もゲリラ豪雨で新聞やテレビでも紹介されていたように一部で冠水騒ぎがあった。
その日はいつものように岸和田の先輩の診療所に朝から出かけていて、向こうも雨は降っていたが豪雨と言うほどではなかった。
帰りに大阪方面を見たら、黒い雨雲が空一面にかかっていた。
キッチリそっち方面に帰るんで暫らくは様子を見ようと連れに連絡して時間調整に付き合ってもらった。
一緒に昼飯を食べて、暫らくして家に帰ったら早速仕事が待っていた。
ガレージのところの排水がうまく流れなくて溢れていたらしい。
幸いにガレージ内には水は入ってこなかったが、ゴミが側溝に溢れかえっていた。
それを取り除くのを家人が私の仕事と残しておいたみたいだ。
玄関の所の植木も陰に置いていた盆栽も今回の豪雨でたっぷり?水をやってもらった。それでも雨どい沿いに滴ってきたのが玄関先から庭にかけて川のように流れていた。
雨上がりのあとの一瞬の涼しさとその匂いがなんとも言えず好きだが、そのあとで照り返しの日差しがムッとした草の匂いを残していった。
最近はこんなニュースは度々あるが、まさか我が家にも訪れようとは思っても見なかった。
幸か不幸かちょうどそのときに家にいなかったのが残念でならない。でも家にいたらびしょ濡れになりながら側溝の掃除をしないといけなかったんだろうと思うと留守でよかったかも?

ページの先頭へ