2014年01月10日

世の中にはいろんな人がいるってこと・・・

世の中にはいろんな性格の人がいる。
前にも書いたが、私は時間にルーズな奴、お金にルーズな奴は基本付き合わないようにしている。
しかし付き合わないといけないときもあってなかなか難しい。
私に言わせればこの二つは基本中の基本だと思っている。
わざとではなくてもコレが出来ない人間は相手にしていたら、コチラまでそのルーズさが移ってしまう気がしてならない。
また逆にきちんとしすぎるのもどうかと思う事もある。
例えばお金を立て替えてもらったら、そのお金を返す時に端数を切り上げて返す。コレはこれで感謝の意味を込めて悪いことではないと思うが、相手が余りに几帳面な人ならそのお釣りをまた返してくれる。
時間にしても決まった時間の1時間前から待っている人もいて、相手がわかったときには余計気を使わせてしまう事がその人には分かっていない。
モノには程々と言うものがある。人によって違うと思うがその極端な人に当ったら大変だ。お互い気を使い合いをして余計に疲れてしまう。
親しき仲にも礼儀ありではないが、そこはその場の空気を読めるか読めないかだとも思う。
些細な事から、誤解が生じ、それがあらぬ方向に行ってしまい仲たがいになってしまうという事もある。ボタンの掛け違いと言う人もいる。ボタンの掛け違いなら直せば良いがボタンじゃなくて私はファスナーだから賭け違いなんか起こらないという人は。
確かにファスナーなら掛け違いは起こりません。しかしファスナーは掛け違いの変わりに食い込んでニッチモサッチモ行かなくなる事があります。そうならないためにはどうするか、ボタンの無い、ファスナーの無いすっぽり被るのを着ないといけないんじゃないでしょうか。

ページの先頭へ