2014年01月21日

昨日は頭から湯気が立ち上っていたに違いない

昨日はパソコンの調子が悪くて、患者さんでパソコンの先生をしている人が治療に来てくれたので何とか復旧した。
それにしても何かトラブルがあれば何にも出来ない自分が情けない。
車にしてももしもいきなり止まってしまったら、ボンネットを開けても何がどうなのか全く分からない。
今までも何度もJAFのお世話にもなった。そのつど家人からは「そんな中古車ばかり乗っているからや」とか、「修理の方が高くつくわ」とか散々な言われ方をして来た。
このパソコンもいつつぶれてもおかしくないとまで言われ続けている。ノート型のはつぶれやすいとか言われて、机の前に鎮座増しますこの大型のデスクトップ。邪魔なのには変わりがないが、老眼で細かい字も見にくくなっているからちょうどいい感じになっている。そのことをその先生に言ったら「じゃぁ文字を大きくしておきましょう」たったコレだけでもやり方がわからなかったから今では顔を近づけなくても文字が見えるようになった。
そんなこと当たり前じゃないかって言われるかもしれませんが、そんなことすら知らないでいきなり触ったので機能を理解する以前の状態でやり始めました。
今どきの小学生の方がよく知っていると嫌味を言われながら、何とか元に戻ったのをこうして触っています。
昨日はローマ字入力が出来ずに平仮名入力になってしまって、途中でギブアップ。慣れと言うのは怖ろしいもので今までがローマ字だったのにいきなり平仮名では頭の中が混乱していう事を聞きません。何とかやり遂げようと思ってはいましたが、最後は頭がパンク状態になって諦めました。

ページの先頭へ