2014年01月27日

こうも変わり者ばかりが集まったものだ

この週末に、先日お知らせした友人が資格試験の合格のお祝いがあった。
合格祝いと言っても何人かが集まって昼食会があったのだが、「タコ焼パーティー」だった。
こんな時自ずと性格が出るもので、自ら率先して手伝う奴、何もしないで指図だけする奴。まぁ性格と言うのはこういったところで分かるものです。
何度か一緒に飯会などで同席したことがある連中ですが、やっぱり何人かといたらそれぞれの気性や性格がわかって面白いものです。
どういった性格かといえば、率先して準備や用意をするやつ、焼き方がどうのこうのといってこだわりを持つ奴、空いた皿をすぐに片付けてまた新しい皿を用意してくれる奴、ただ出来上がったのを食べる奴。
中には折角いい雰囲気のカップルのそばで邪魔をする奴。
人って場を読むという事がいかに大事か分かりました。
パーティーも終わりに差し掛かった頃に中の一人が持ってきてくれたお茶菓子でコーヒーを入れてもらったときに、砂糖がどうのフレッシュがどうのと能書きを垂れる奴。
多分コイツは家ではきっとずぼら者で何にもしない奴だと思いました。
誰かが言っていましたが、その人の本音を聞きだそうとか、その人の性格を見ようとしたいなら、食事を一緒に取れば言いと言っていました。
その人の性格が見事に出るらしいです。
そうなると私などどのよう見られるのか興味があります。
無くて七癖と言われますが、ココに集まった連中は、七癖以上の奴ばかりの宴会でした。

ページの先頭へ