2015年01月14日

今回もちゃんとしたところに・・・

気がつけば、最近また金価格の上昇があるみたいだ。
当医院の代診の先生は親の時代からの抜去冠などを何十年と保管していて、缶一杯になったといっていた。
それを産業廃棄物の処理業者に出したところ、思わない臨時ボーナスになったといっていた。
私も今まで親父の代から溜まりに溜まったのがあったので同じ業者に出してみた。
撤去冠もしかり、抜歯した歯もしかり、金属の付いているはお同じように処理してくれるというので出してみた。
よく広告でどこかのNPOがそれを開発途上国のためにといって集めて回っているらしい。しかし後輩がそこに出して騙されたと言っていた。
結局、表向きはNPOと名乗って入るがその後の報告も無かったらしい。甘いこと言っては善意を食い物にする業者だったらしく、黙っていても廃冠をただで集められて儲けにしようという業者だったらしい。
私は保険の歯はこちらで処理しますといって処理するが、自費の冠は原則患者さんにお返しするようにしている。まぁ小さくてゴマ粒くらいのは患者さんに同意を得てこちらで処理はするがこうも金価格が上がれば患者さんにお返しするのがすじだと思う。
暮れに出した撤去冠の成分分析後の金額が気になりだした。
今月後半には分かるということだ。
さてさていったいいくらになるのだろうか?
私は原則寄付行為は日本赤十字のみを信用している。
だから元の分からないNPOには申し訳ないが寄付はやらない。
いろんなカードの得点もすべて寄付にまわしている。
中にはややこしいところもあるにはあるが、ちゃんとした団体には喜んで寄付をさせてもらっている。

ページの先頭へ