2015年01月27日

様々な意見があろうとが思いますが・・・

最近のニュースでイスラム国による日本人拉致問題が大きく取り上げられている。
私自身はあまりこういった問題を取り上げたくはないが、あらゆるところでさまざまな意見が出ていることに些か?があって考えてみたいと思った。その前の未成年の「つまようじ」問題のときもマスコミの報道に少年の「してやったり」の感が強く感じたのでここでは取り上げるのを躊躇った。しかし今回の問題は我々日本人をターゲットにされたし、日本の国の根幹にかかわる問題だと強く感じたので考えることにした。
日本は先の戦争で敗戦国になってそれ以降憲法で「戦争の放棄」をうたった国である。そして第二次世界大戦以降に何処の国とも戦争をしていない国として世界に誇れる国である。
しかし今その誇れる国の先行きが危ぶまれる事態になったことを、我々国民は知る時期にきたように思う。
一部では「平和ボケ」などと揶揄するメディアもあるが、この平和にやってこれたのも今の憲法があったればこそだとおもう。
今回のケースではそれこそ世論が二分するような「自己責任論」が勝手に解釈されて一人歩きしているようである。
簡単に自己責任論を唱えるのは勝手だが、その前に我々は日本国の国民であるということを強く自覚しないといけない。
先ほど言った「つまようじ」事件の云々とは根本的に違う。あんな一部の目立ちたがり屋の問題と同じにはしたくないが、真実を伝えるという使命感から起こった今回の問題はマスコミというそれこそ一つ間違えば命を落とすかもしれないこんな問題を軽々には語ってもらいたくはない。
誰かこの国の総理大臣が言ったが「自国民の命はお金で云々・・」
大した発言だったが、それ以上に気に留めなくてはならない問題は我々ももしも海外に行ったらいきなり拉致されてしまうこともあるということだ。
今回も水面下ではいろいろと駆け引きが行われているだろうが自国民の安全を最大限に考えてもらいたいと思う。
政治や宗教の問題は個人の自由に任されているからあまりこのところでは書きたくないが、今回の問題には書かずにはいられなかったモヤモヤがあって書くことにした。
ある人が言っていたが、「馬を水飲に場には連れて行けるが、飲むことにまで強要は出来ない」 その通りだと思う。

ページの先頭へ